冒険小説

ヴェルヌの15少年漂流記をよんで、冒険小説をもっと読んでみたくなりました。
お勧めの作品あったら紹介してください。できれば作品のあらすじとか、どこがよかったのかについてのざっくりしたコメントも欲しいです。
  • 投稿日時 : 2010-08-13 00:06:35
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
↓のつづき、というかフっと無人島の冒険が好きなのかしら?と思って、それならこれはどうでしょうか。

日本版、漂流記。

アニメの「フローネ」の原作。
1
 私もジュール・ベルヌ大好きです!
是非、他の作品も読んでほしいです。
今、息子と一緒にこれにハマっています。

私が子供のころに夢中だったのはこれ。


  • shuwachoさん shuwacho さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-18 10:16:59
コメントを追記します。
「二分間の冒険」は次から次へとまさに手に汗を握る冒険です。微妙に現実が混ざっているし、テーマが難しいなとも思います。
「地下室・・」はシリーズなのですが、これもふっと現実から不思議な場所へ出かけてちょっと成長する、心がほんわかするお話です。
「スプーンおばさん」自分がどんな姿になってもおばさんが全然変わらないところが好きでした。
そろそろ子供と一緒に読みたいな。
0
冒険といえば『トム・ソーヤーの冒険』です。トムはとってもわんぱくな少年で、親友のハックと一緒に殺人現場を目撃したり、海賊になろうと決意して家出をしたり、ついにはインジャン・ジョーが隠した金貨の箱を見つけたり…。
この物語はハラハラドキドキするので、とっても面白いです。私が男の子の立場だったら、こんな冒険をしたかもしれません。
0
はなはなみんみ物語


小人たちの冒険譚。
小学生中~高学年向けの作品ですが、
大人が読んでもほっこりします。
手に汗握る!とまではいきませんが、
ワクワク冒険レベルとしておすすめです!
0
冒険小説の大家、アリステア・マクリーンの

をお奨めします。
対独戦用の援ソ物資を運ぶ輸送船を護衛する
駆逐艦ユリシーズ号を襲う苦難の数々を描いた作品です。
2


ネズミが主人公の冒険物語です。
イタチの一族に襲われて、全滅の危機にあるネズミたちの島。
のんきに暮らしていたドブネズミのガンバは、ひょんなことからその島へネズミたちを助けに行くことになります。

子どもも大人も、手に汗握り、一気に読んでしまうでしょう。
個性豊かなネズミたちにも魅了されます。最後はポロリと涙も。
  • 回答No.205-01996
  • Magetuさん Magetu さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-13 01:39:40
1
ヴェルヌは『海底二万里』など名作が数多。まずそちらを読まれては。
私から。
・筒井康隆『旅のラゴス』高度な文明を失った代償として超能力を獲得しだした人々。そんな世界を旅するラゴスの一生。読んで損なし。
・吉村昭『漂流』。極限の状況における人間の強さ。江戸時代実話。
・ゴールディング『蝿の王』。十五のパロディ的作品。ノーベル賞。傑作だが十五とは正反対の後味の悪い話なので生半可な気持ちで読むべからず。
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする