未来社会を築きたいと願っているものが読むべき本

ソーシャルキャピタル、岡田斗司夫氏の「評価経済社会」田坂広志氏の『成熟した資本主義』知識資本・関係資本・信頼資本・評判資本・文化資本といった共感経済について勉強しています。

SNSが多くの人に受け入れられている背景には社会が共感経済に移行しているからではないかと考えているのですが、そうである場合、社会は何を望んでいるのか?世界はどのように変化していくのか?これからの時代を担う経営者、政治家は大きく変化していくであろう未来を見据えなければならないと考えています。

タイトルは妄言でしかありませんが、僕自身これからの社会や経済がどのように成長を遂げていくのか非常に興味があります。そしてそれらのヒントになるものを探しています。未来への最大の近道は未来を築く事だと信じていますから…。


世界を幸福にするために…ご存知の方、こんなのかなーと思う本にお心当たりのある方、コメントのある方、どうぞ宜しくお願い致します。
  • 投稿日時 : 2011-12-21 10:51:07
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
こちらなどはいかがでしょう。


0
0
すでにご存じかも知れませんが

がそんな感じかなと思いました。
0
私はあまり経済や社会の事に詳しくない素人ですが
個人的には今出ているBRUTUSの本の特集は
質問者さんの言ってる「世界を幸福にするため」に様々な
立場の人が考えてそれに関連する本が紹介されているので
オススメなのではないかな~と感じました。
(今流行ってる本とかの特集も載ってますが・・・)

BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 [雑誌]

マガジンハウス / マガジンハウス / 2011年12月15日

広く言ってしまえばどんな本でもきっと「これからの未来の為」
ヒントになる事はなにかしら載ってるともいえます。
その中から質問者さんが「どんなテーマ」に惹かれ「どの言葉」に
感銘を受けるかが重要になってくるのでは無いかと。
また、幸福の為には今現在世界が抱えてる問題や現実を
改めて見直してみるのも大事なのではないかと思います。

あまり具体的ではない回答ですみません。
全4件中 1 - 4件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする