好きな作品の作家が好きになれない場合どうしますか?

最近あとがきにサイト等のURLを乗せている作家さんが多いですよね。
情報や裏設定・スピンオフ小説などが読めたりする場合もあるので、好きな作品の作家さんはチェックしてみたりするのですが、そこで「この作家さんはあまり好きでないかも…」と思ってしまった場合、好きだったはずの作品を読み返していてやっぱり好きだと思える部分のほかに、それまで気にならなかった部分が嫌に感じてしまうことがあります。なんだか好きな作品にケチがついたようで悲しくなります。

ラノベ作家さんとかは特に多いと思うのですが、web拍手やメールフォームのお返事などを呼んでいて「この作家さん苦手かも;」と思ってしまうことが時々あります。

もちろんネットマナーの問題もあるでしょうし、自分自身が送った訳でもないことへの返信にそんなに構える必要もないし、作家さんのサイトを見なくても本は買える訳ですが、好きな作品であればやはりwebでしか見れない情報があれば見たくなりますし…

好きな作品の作家さんを好きでないと思ってしまった場合、皆さんどうしてますか?その作家さんの本を読むの止めます?それとも作家と本は別と割り切る?

  • 投稿日時 : 2010-08-22 00:05:26
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

恋と愛の違いに似てるかもしれませんね。
恋は相手のすべてを好きでいたいと思う反面、自分の理想と相手が違うところがあると冷めてしまう。
でも夫婦はいろんなことが不満でケンカもするけど、なくならない愛があるから長年連れ添うことができる。
あなたも本や作家と大人の付き合い方をしてみては。
せっかく好きな作品に出合えて素敵な読書体験ができた、そしてこれからもできる可能性があるんだから、
Webで知った作家さんの素顔(と思われる曖昧な何か)なんかに拘泥せずに、
「こんなしょうもないひとでもイイ話が書けるんだなあ」
くらいに思っておけば面倒がなくて精神衛生上よろしいかと。
  • stead-blueさん stead-blue さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-30 09:41:10
作品の中の魅力も、作家さんの中に存在するんだと考えれば、少しは好きになれる気もしますね。
これからの可能性という言葉に一番トキメキましたv ありがとうございます。
ソイソース屋のオヤジがいくら偏屈だろうと、
そのソイソースが不味くなる訳じゃない。
(まぁ、どこぞの昼ドラじゃないですがね)
技術と人格は別物ですよ。
パーフェクトな人間なんていない。

なんであれ、美味いものは食します。
それは、美味いから好きなのであって、
作ってる人が好きだからではないからです。
自分が食したその「美味い」は自分だけのものであって、
他の誰の「美味い」とも違うものです。
  • stead-blueさん stead-blue さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-30 09:39:26
割り切ったほうが自分のためってことですよね。
ちょっと気が楽になります、ありがとうございました。
作品のテイストにもよるかもしれません。なんか優しい作品を書くような人とかが、ブログや講評で ちょっと酷い書き方しているのとかを見ると 冷めてしまいます。人間愛とか、人との思いやりとかそういうのをテーマにしている人がそうだと引きますね。後はビジネス書とかで多いのですが ちょっと経歴と評価にうぬぼれすぎに感じる人とか 苦手です。
  • mariannuさん mariannu さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-11-29 13:10:09
私は作家と作品は別物ですが、確かにそういう話を書いてる人が ちょっとよろしく無い行動が目立ったら、本そのものが嘘むたいですよね。本当程度によりますが。
  • 回答No.247-02412
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-23 18:53:50
作者と作品は別物と考えると楽です。

以前、そういう割りきりが出来るようになる前にとあとがきである作者がどうしても苦手になったことがありました。
それ以来、その作者の本は一切買っていませんし、持っていたものも売り払ったことがあります。

作家自身が苦手でも割り切れるなら読めばいいし、どうしても割り切れないというのなら無理に読む必要はないと思います。
  • stead-blueさん stead-blue さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-23 23:50:50
全く別物と考えるのは難しいですが、苦手さを感じる作家さんのサイトなどには行かないほうが無難ということですね。

それで好きな作品を楽しみ続けることが出来れば作家さんにも読み手にもプラスな訳ですし。
私は読む気が失せてしまうタイプです

音楽もそうですが、その人の目や心を通して伝わってくるモノなので、発信源がモヤモヤした存在であると心にガツンときません

逆に好人物である場合、過大評価してしまう場合があります

しょうがないよ 人間だもの(・ω・)ノ


ただ、少ない情報だけで作家さんの性格を知る事は不可能ですから、たまたま読んだ情報をあまり鵜呑みしない方が良いとも思います
  • stead-blueさん stead-blue さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-23 23:48:22
そうなんですよ!今まで気にしてなかった文章や表現が「えっそんな視線で書いてたの;?」とちょっとショックを受けてしまったりして。

でも確かに作家さんも人間ですし、読み手の理想通りな訳ないですよね。
情報もweb上で見るのと、本人のトークでは確かに印象も違うでしょうし、嫌な印象が私の勘違いってことも確かにあるのかも。
私は基本的に割り切っています。
逆に好きな作家さんの作品でも嫌いな作品というものがありますから。
でも極力作家さんのサイト等は見ません。他のユーザーが発信しているような作品についてだけのサイトは見るでしょうが…。
  • stead-blueさん stead-blue さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-23 23:45:32
確かに好きな作家さんでも全作品が好きとは限らないですね。
その逆と考えれば割り切りやすいのかも…
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする