エイジングについての本

  • 質問No.2479
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : 探してます
どう老いるかということについて、考える本を教えて下さい。

以下はむしろこういう年のとり方は勘弁、ってある意味反面教師ものなので、とてもお薦めしませんが取り敢えず私が最近読んだので。



著者のウェブサイト行ってみたら死にたいけど死ねないとか、自分をピーター・パンとか、天地真理とか、推定五、六十の男が臆面もなく書いていてただただゾッとしたんですが。とにかく、エイジングについての本がありましたら、宜しくお願いします。
  • 投稿日時 : 2012-01-20 10:45:19
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.2479-031140
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-03-05 12:41:52
1
これに限らず、大江健三郎の「レイトワーク」は総て老いについて、とも考えられます。

  • 回答No.2479-028301
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-18 02:50:19
1
こんな本があったではありませんか。

  • 回答No.2479-028289
  • h.t.さん h.t. さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-18 00:19:38
1
筒井康隆氏の高齢者について考えさせられる話
  • 回答No.2479-028282
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-17 22:37:44
1
ディディオンが過去数年出して大当たりしているのはみんなエイジングと死について(身内がバタバタ死んだ)です。特にこれはベストセラーだったはず。

  • 回答No.2479-027131
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-02 18:52:01
1
ヘルマンヘッセの『老年の価値』(紹介用リンクがなかったのでスミマセン)が最初に浮かびました。時代も国も違いますが、背筋がシャキッとする老年期です。リラックスした写真も素敵!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-02-05 14:01:54
そのタイトルしりませんでした。探してみます。
  • mishika53さん mishika53 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-02-17 23:40:06


ヘッセが書いた本というよりは、彼が書いたものの中で老年、老境に関連した文章を集めて編集したものです。最近のものです。
  • 回答No.2479-027051
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-01 05:43:31
1
これも老人が若い女とカップリングするんですがいいですか


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-02-18 02:49:23
よくないけど、仕方ないなあ!WWW
大道さん面白くていいですよね。
  • 回答No.2479-027050
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-02-01 05:30:06
1



なんかこういう月並みなものしか上がりませんでした。すみまん。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-03-05 12:38:55
そういう見方をすれば、これも老人ものだったか。

川上さん好きですがこれはさすがに流行ったせいか、敬遠していましたが、読んでみようかという気がします。
  • 回答No.2479-026200
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-01-20 15:53:22
0
  • 回答No.2479-026193
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-01-20 15:14:09
1
http://t.co/ZYF4W3Lk
文藝春秋2012年2月号に掲載されている坂本龍一氏の『60歳還暦の悦楽』をお読みください。(上記HPで3ページだけ立ち読みできます。)年を取ることについて考えさせられますし、受け止め方についても共感できるとところが多いです。
全9件中 1 - 9件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする