ブクログ談話室

翻訳家を気にしますか?

    未回答
  • 回答数 31件
  • 雑談
海外の小説を読むとき、翻訳家を気にしますか?また、この人の翻訳なら信頼できる!という翻訳家さんはいますか?

とある本で、参考書の回答文かと思うほどに機械的に訳しただけのような翻訳文を目にしました。
物語の大筋にあまり入り込めず、良く解らないまま終わってしまいました。

レビューを見ても翻訳家さんについて触れているものは無く、作品自体が自分に合わなかっただけかとも思いましたが「もし他の翻訳家だったら・・・」と考えてしまいます。
質問No.2485
みんなの回答・返信

  • 名無しさん 名無しさんの回答 2020年02月24日
気にします。
「この人が訳しているなら…」と手に取ることもあれば、逆に「この人か…やめとこ」ということもあります。
個人的に最も残念だな〜と思ったのは、ハリー・ポッターシリーズ。
無名の作家さんを見出した功績は讃えたいですが、もっと訳が違っていればなあ!と思わずにいられません。
2
回答No.2485-092271
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2020/02/25
なら、どなたの訳だったら良かったですか?(^^
訳の良し悪しはわからないですが「この人が訳そうと思ったのなら面白いはず」と作品を選ぶ目安にすることはあります。
かなり信頼しているのはこちらの二人。


0
回答No.2485-092173
翻訳ものは訳者次第では駄作になると思うので、最重要ですね。
0
回答No.2485-092170
昔、英語が出来た頃は
英語圏の本なら原書の方が読みやすいと感じる本があって
翻訳本はあまり読まないでおこうかと思っていましたが

もうすっかり英語を忘れてしまって
翻訳に頼らないといけなくなると翻訳のレベルは
とてもきになりますね

光文社の新訳の本たちに出会ったときには
とてもうれしく思いましたね
単に訳が古いだけでも読みづらいので
(元々の文章自体も古いのでしょうけど)
0
回答No.2485-083828
『カラマーゾフの兄弟』は亀山訳派です。


0
回答No.2485-083820
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2017年07月25日
 すごく気になります。同じ作品が、翻訳者の違いで全然別作品のようになりますから。

 本の後ろに翻訳者が書いている「あとがき」や「解説」のレベルが高ければ、本文の訳も素晴らしいことが多い気がします。これらは翻訳者の作品に対する理解の深さや思い入れの程度を表していると思うので。

 だから翻訳本はついつい「解説」を先に読んでしまいます。翻訳本の解説にはネタバレを書かないで欲しいですね。

0
回答No.2485-083804
すごく気にします。
訳ひとつで全く違う世界になりますね。
個人的に女性が訳した物がすんなり入り込めます。
好きなのは松永美穂さん、岸本佐知子さん、深町真理子さんです。



1
回答No.2485-036692
好きな翻訳家、理解しづらいと思う翻訳家は数人いますし、そういう話題で盛り上がるのも好きです。
でも「翻訳家にこだわってる」アピールを必要以上にしてくる人はめんどくさいです。
2
回答No.2485-036686
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2012年05月24日
児童書なのですが…
石井桃子さん、瀬田貞二さん、田村隆一さん、山室静さん、大塚勇三さん、尾崎義さん、矢川澄子さん、内田莉莎子さん、高橋健二さん、村岡花子さんなど、好きです。
特に大塚勇三さんの文は大好きでして、お手紙を出すことが、昔からの夢の1つです。

2
回答No.2485-036678
今まで読んだもので面白かったものの翻訳家を見たら、全部金原瑞人さんのものだった!と、いうことがありました。
金原瑞人さんのもので私が特に好きなのはこれです。


1
回答No.2485-034738
全31件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする