ブクログ談話室

翻訳家を気にしますか?

    未回答
  • 回答数 36件
  • 雑談
海外の小説を読むとき、翻訳家を気にしますか?また、この人の翻訳なら信頼できる!という翻訳家さんはいますか?

とある本で、参考書の回答文かと思うほどに機械的に訳しただけのような翻訳文を目にしました。
物語の大筋にあまり入り込めず、良く解らないまま終わってしまいました。

レビューを見ても翻訳家さんについて触れているものは無く、作品自体が自分に合わなかっただけかとも思いましたが「もし他の翻訳家だったら・・・」と考えてしまいます。
質問No.2485
みんなの回答・返信

翻訳といえば澁澤龍彦がマルキ・ド・サドの作品を日本に紹介したことが有名ですね。今のところサドの作品で澁澤龍彦以外の翻訳に出会ったことがありません。




0
回答No.2485-093992

本当の翻訳の話をしよう

村上 春樹 / スイッチパブリッシング / 2019年5月9日


二人の翻訳家としての姿勢を知ることができて面白かったです。
1
回答No.2485-093984
文豪が訳している海外モノとかにはまった時期がありました。
森鴎外

井伏鱒二

他に谷崎純一郎とか遠藤周作とか。最近だと、村上春樹訳が有名ですね。
こんな本がありました。

0
回答No.2485-093957



この2冊を読んで書評記事を書く仕事をしたことがあるのですが、どちらかといえば集英社から出ている翻訳の本が好きですね。
0
回答No.2485-093944
「訳・村上春樹」でなかったらセローもソールスターもベイリーも手に取らなかったかも。代名詞副詞形容詞句読点の選択や不自然でない会話など読みやすさの品質保証に等しい。読後には「ああなるほど、こういう話を訳したかったんだね」と納得。


1
回答No.2485-093934
コメント 1件
watsonさん watsonさん 2021/02/17



村上春樹の翻訳で一番の名訳はサリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』と言われていますが、私は断然この本が好きです。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2020年02月24日
気にします。
「この人が訳しているなら…」と手に取ることもあれば、逆に「この人か…やめとこ」ということもあります。
個人的に最も残念だな〜と思ったのは、ハリー・ポッターシリーズ。
無名の作家さんを見出した功績は讃えたいですが、もっと訳が違っていればなあ!と思わずにいられません。
7
回答No.2485-092271
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2020/02/25
なら、どなたの訳だったら良かったですか?(^^
訳の良し悪しはわからないですが「この人が訳そうと思ったのなら面白いはず」と作品を選ぶ目安にすることはあります。
かなり信頼しているのはこちらの二人。


0
回答No.2485-092173
翻訳ものは訳者次第では駄作になると思うので、最重要ですね。
1
回答No.2485-092170
昔、英語が出来た頃は
英語圏の本なら原書の方が読みやすいと感じる本があって
翻訳本はあまり読まないでおこうかと思っていましたが

もうすっかり英語を忘れてしまって
翻訳に頼らないといけなくなると翻訳のレベルは
とてもきになりますね

光文社の新訳の本たちに出会ったときには
とてもうれしく思いましたね
単に訳が古いだけでも読みづらいので
(元々の文章自体も古いのでしょうけど)
1
回答No.2485-083828
『カラマーゾフの兄弟』は亀山訳派です。


0
回答No.2485-083820
全36件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする