一緒に考えて下さい

あだち先生の作品って幼なじみと野球が多いのですが、どうしてなんだと思います?
  • 投稿日時 : 2010-08-27 21:04:01
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

幼なじみが多いのは読者に郷愁を与えてくれますね!
 私も好きですが、もっと感心するのは時にドキッとするような人生観をサラリとした台詞で書いてるところです。
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-10-12 20:45:40
私も、地元を出た幼なじみがいますがホームシックになって帰ってくることはないと思います(笑)
1人は、サッカー選手として頑張っていますので

あ~、たまに心に響くセリフありますよね、マンガのジャンルに限らず

  • 回答No.278-02775
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-09-03 23:28:40
あだち先生は、確かに野球漫画が多いですが、幼馴染って多いですか・・・?

幼馴染で野球は、タッチ、H2、クロスゲーム、しか浮かびませんね。かろうじてスローステップも、かな?

H2の終わり方が残念で、クロスゲームの中盤からは流され気味で・・・でも、つい読んでしまう。魅力があるからですね。
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-09-04 14:44:32
回答ありがとうございます

私が多いなと思っただけなのであまり気にしないで下さい(苦笑)

私は、まだちゃんとあだち先生の作品、読んでませんが惹かれます
作者の野球好きは有名。

好きなものを描く方が描きやすいのでは?

幼馴染との組み合わせは「読者の嗜好」に添った出版社側の思惑の結果、のような気はします。
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-09-03 17:11:14
回答ありがとうございます

ファンの間ではあだち先生の野球好きは有名なんですね~!

ああ、なるほど

思惑・・・。では、出版社側の思惑通り踊らされてみましょうか(笑)
あだち充のマンガはとても好きでほぼ全部読んでいます。
確かに多いですよね。
野球は単純に作者が野球がとても好きだからだと思います。
幼なじみは作者の「憧れ」なのかなーと感じます。経験談にしては、理想的すぎるからです。

あと余談ですが、作者と作者のお兄さんの関係が作品に色濃く表現されている、とどこかで読んだことがあります。
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-09-03 17:07:50
回答ありがとうございます

ですよね?野球が題材に多いのはあだち先生自身が高校野球がお好きだというのは、私もとあるサイトで知っていました
「憧れ」ですか、やっぱり

あだち先生とお兄さんは同じ漫画家らしいですが、作品に身内の死が描かれているのはあだち先生が実際に体験した影響が大きいんでしょうね
そのお兄さん、「あだち勉」さんらしいですけど、それですよね色濃く現れてるの
  • 回答No.278-02563
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-27 21:48:58
幼馴染ならではの絆が好きなのかな、と思います。
現実にはあそこまで深い絆で繋がっていることは滅多にないかもしれませんが・・・。

私は読むたびに「あんな関係の幼馴染がいたらよかったな~」と羨ましく思うので・・・。
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-28 18:25:11
回答ありがとうございます

私は、一応異性の幼なじみいるのですが
疎遠なので(苦笑)

私もこう言う幼なじみ関係羨ましいです
  • 回答No.278-02562
  • 雑穀さん 雑穀 さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-27 21:35:47
結局みんなが読みたいのは『タッチ』だから…
じゃない?
  • しおんさん しおん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-28 18:23:10
回答ありがとうございます

ですが、それは寂しくないですか?
  • 雑穀さん 雑穀 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-09-02 20:00:54
いや、でも武器に出来るものが一つでもあるということは素晴らしいことだから…
全6件中 1 - 6件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする