海外の小説で、地図の上で生活して国を滅ぼしたお話のタイトルがわかる方

小説を探しています。

おそらく欧州かアメリカの小説で、

ある国で、本物の街の上に地図をひいて、その地図の上でずっと生活し、何年か後に本物の街を見てみると、ボロボロで住めなくなっていた…といったような内容です。

国も時代も分からず申し訳ないのですが、自分では探しきれませんでした…;

分かる方いらっしゃいましたら教えてください。
  • 投稿日時 : 2012-02-22 12:12:14
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

すみません。全く読んだことも無く検索で調べたのみですが、
『ボルヘス』という人の書いた『学問の厳密さについて』
という短編が、
・『帝国の地図が一州全体をおおった』
・『西の砂漠地帯にはその地図のこまぎれになった残骸がなおも残っている』
というあたり少し似ているかなと。。(^▽^;)


これらに収録されているようです。

お探しのものであればいいのですが。。
  • amemakoさん amemako さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-02-25 22:22:39
ありがとうございます!!
おそらく須藤さんのおっしゃるボルヘスの短編だと思います。
さっそく本を入手したいと思います(*´∀`*)

あいまいな情報だったのに(しかも若干間違っていた;)、わざわざ検索して見つけてくださりありがとうございました!
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする