本に書きこみ

  • 質問No.3156
  • ouiさん oui さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談
本に線を引いたり書き込んだり、あるいは絵を描いたりしますか?
私は、これは!と思った文やフレーズには線を引いたり、思いついたことを書き込んだりせずにはいられないのですが、みなさんはどうでしょう。
書き込みが習慣になって、今では、ボールペンを持たずには読書が落ち着かない状態です。活字だけのまっさらなページが、どこかよそよそしく思えるほどです。
そういえば、聞きたいと思いつつ、この質問をこれまで誰にもしたことがありませんでした。よければご意見お聞かせください。
  • 投稿日時 : 2012-03-15 01:40:31
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
書き込みや端を折ったりしてないと、自分の物になってないような気がします。
本屋に売ってるのと同じだなー・・と。

書き込みが少ないのは捨てる本です。
0
最近になって本に書き込みを始めました。
書き込んだところには付箋を張ったりもしています。

書き込むのは絶対に手放さないだろうなって思った本だけにしています。
そうすることで自分だけの本になってもっとその本を愛せる気がするんです!
そういうのって素敵ですよね。
3
質問の趣旨とは違いますが…

久ぶりに読みなおした本にいっぱい書き込みがしてありました。
意味不明の絵もあり「いったい何を考えて書いたのか」と20年前の自分を問いただしたい…。
3
抵抗ありますね。小説は以前良いフレーズには付箋を貼っていましたがブクログを始めてから引用するようになり、今は引用と併せて自分用の引用帳に書き抜き(これは字数制限が無くて良い)しちょっとした感想を書くようになりました。
評論や実用書の類には何故か楽に傍線が引けます。
  • 回答No.3156-049723
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-01-05 10:16:45
0
個人的には本に書き込むのに抵抗があります。
が、昔劇の脚本を作るためにどうしても本に書き込む必要があった時は、一冊は書き込む用、一冊は書き込まない用として二冊買いました。
0
本そのものにはなぜか抵抗感があって書き込めません。もっぱら付箋紙です。ただし、電子書籍にはハイライトやメモを遠慮なくしています。電子書籍のこう言う気楽さはいいですね。
1
本は書き込むために購入するものだと思ってます。余白の大きな本はありがたいです。
  • ouiさん oui さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 02:06:11
私はそこまで割り切れないのですが、たしかにその通りだと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-04 22:23:48
回答者さんに同意です。それがために図書館を利用できません。
  • 回答No.3156-034705
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-04-24 01:09:04
4
自分では書き込みしませんが、古本で、たまに書き込みや傍線の入った、勉強の痕跡のある本を見かけると、けっこう面白く思います
(ひどい落書きは嫌ですけど)

書き込みではないですが、焼肉屋のクーポン券や、懸賞のハガキを挟んだままの本もありました
  • ouiさん oui さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 02:03:42
焼き肉屋のクーポンに懸賞ハガキ!それは面白いですね。以前の持ち主を想像してみるのも一興ですよね。
0
前に、友人から借りた本に、うっかり書き込みをしてから、書き込みしないように。本にかける、紙製のカバーに書き込んだり、付箋を使ってます。
  • ouiさん oui さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 02:01:19
そうですね、書店のカバーには私もよくメモをします。
ちなみに書き込む際、講談社学芸文庫のあの紙質の良さにもっとも後ろめたさを覚える今日このごろです。
1
人に貸したりすることがあるので書き込みはしません。
附箋を貼ったりすることはありますが
  • ouiさん oui さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-12 02:09:21
人に書き込みを見られるのは恥ずかしいですか!?
全48件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする