笑える本を探しています。

笑える本探してます。
思わず笑ってしまう本やガハハハと大笑いしてしまう本など教えて下さい。
シリアスなものばかり好んで読んでしまうので、
たまにはジャンルを変えてみようかと模索中です。

  • 投稿日時 : 2012-04-08 18:57:00
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

4
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-11 07:04:45
回答ありがとうございます。
みなさんに回答していただき、助かっています。

やはり本好きな人ばかりなんだと実感!

ありがたいです。

  • kitkityoさん kitkityo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-05-22 04:08:08
私も「笑うな」読んだ時めっちゃ笑いました。
1


長島先生のエッセイです。抱腹絶倒モノ。
小説では、


電車の中で困ってしまった経験があります。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-11 07:02:15
ありがとうございます。
回答して下さるみなさんのおかげで、しばらくは読む本に困らなそうです。
探して読んでみます。

1
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:41:07
ありがとうございました。
探して読んでみますね。

2
全話が笑える訳では無いですが少なくとも走れメロスのシュールさに思わず笑ってしまいました。


ホームズの行動に。


小説でガハハは無いです;

文庫ですが漫画です。
私は大分ツボでした。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:39:41
電車やバスの中で読むならくすくすくらいがちょうどいいかもしれないですね。

探して読んでみますね。

ありがとうございました。

2

少し、いやかなり年代的に古い本ですが、小林信彦氏は、日本にこの形の『ユーモア小説』というジャンルを確立させた作家だと思います。
この『オヨヨシリーズ』は抱腹絶倒、大声上げて笑ってください。
時代のギャップを超えて、今でも笑えると思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:34:06
抱腹絶倒…素敵です!

読む場所を考えなきゃですね。

バスや電車の中では、読みません(笑)

探して読んでみます。

ありがとうございました。

  • 回答No.3291-033653
  • mariさん mari さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-04-08 22:53:48
1
笑える本といえば、これをおすすめします。


笑えるうえに、やさし~い気持ちになれる物語です。
映画化もされてます。
載せようと思いましたが画像が出ないのでやめときます・・・
ほんまに笑えますよ。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:31:20
『ねこタクシー』…自分では、手に取らないようなタイトルです(笑)

だからこそ教えて下さったことに感謝です。

探して読んでみます。

ありがとうございました。

1
笑えて、あたたかい気持ちにもなれます(笑)

非日常な言葉が面白い本。電車の中で読んでしまって大変でした…

  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:28:48
笑えてあたたかい気持ちになれるなんて素敵じゃないですかっ!

『絶叫委員会』…タイトルから面白そうですね。

探して読んでみますね。

ありがとうございました。

  • wyethさん wyeth さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-05-22 19:46:21
穂村さんの、私も読みました!今でも思い出し笑いできるほど好きなエピソードがあります。
1
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-09 05:25:08
ありがとうございました。
浅田次郎さんので、笑えるなんて意外な気がしました。

早速探して読んでみますね。

全28件中 21 - 28件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする