シャーロック・ホームズのパスティーシュのおすすめを教えて下さい。

シャーロック・ホームズが大好きです。パスティーシュやパロディも好んで読みます。
ジューン・トムソン、ニコラス・メイヤーが印象に残ってますが、これもおさえておけというものはきっと、数知れずなのだと思うので、是非おすすめを教えて下さい。

追記:
名無しでの投稿のため、お礼を書かずに申し訳ありません。本当にたくさんありますね。ありがとうございます。
  • 投稿日時 : 2012-04-19 01:17:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.3338-088648
  • この回答は削除されました。
0



北原尚彦さんは好んでホームズ物のパスティーシュを書いてます。



ホームズの推理を論理学的に検討したこちらと



論理パズルなんかも面白いですよ。
0
小説ではありませんが、邦訳されたアメコミにもシャーロック・ホームズのパロディがあります。ゾンビと化したモリアティーとホームズが戦うという話。これだけきくと荒唐無稽ですが、意外とシリアスなトーンです。アメコミを読んだことがない人でもとっつきやすい絵柄でオススメですよ。


  • 回答No.3338-088294
  • 5552さん 5552 さんの回答
  • 投稿日時 : 2018-08-10 15:49:43
1
雑誌の「ユーモアミステリの傑作」というお題の対談で、米澤穂信さんか麻耶雄嵩さんのどちらかがおすすめされていました。
私も読みたいです(^-^)


  • 回答No.3338-086733
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2018-03-05 21:21:48
2
これは、ホームズ好きには堪らない質問ですね。参考に自分も読んでみたい。
私が知っているのは、以下の通り。

あのプーさんの作者が書いています。



先の方のと同じシリーズ。
  • 回答No.3338-076984
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-07 19:47:14
1
  • 回答No.3338-076982
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-07 17:56:50
1
日本人作家によるホームズアンソロジーです

1
1
邦訳はまだ出ていないようですが、女王陛下の少年スパイ!アレックスシリーズの作家が書いたこちらは、おもしろそうです。(すみません、未読です)



さっき聞いてたポッドキャストでインタヴューされていたのですが、年を取ったワトソンが老人ホームに入っているという設定の物語だそうです。
  • 回答No.3338-034347
  • ratsさん rats さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-04-19 07:36:56
6
映像作品でもよろしければ、BBCドラマ『SHERLOCK』が近年稀に見る良作です。現代版ホームズという設定を存分に生かしながらも、原作ファンを裏切らない出来栄えだと思います。『正典』からの小ネタも満載。

現在英語版のみですが、日本でも7月に発売予定とのこと。
  • ratsさん rats さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-19 07:43:22
実は質問を拝見した瞬間、ジューン・トムスンとニコラス・メイヤーを!と思ったのです。が、ものの見事に既読ということでしたので(笑)こちらを。でもほんとにおすすめです、このドラマ。
  • johnnycakeさん johnnycake さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-21 13:30:48
横レス失礼いたします。このシリーズ、かなりうまく現代化してますよね。最初に見たときにこのホームズ、いけすかん奴~、と思ったんですが、原作のホームズが現代にいたら、こういう奴だったろうな、と思ったり。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-24 20:53:28
NHKで放送してましたが、おもしろかったです!吹き替え版のDVDがようやく発売されるようですが高いですね…
全11件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする