格調高く、華麗なる作品を教えてください!

まだ自分が読んだことのない作家or作品を探しています。私の趣味傾向として話の設定が華麗な感じであること(上流階級の人々って感じ)、現代物よりは歴史がかったた話、登場人物が魅力的(特に知的な人に弱いです)、舞台は海外といったような内容に琴線が触れる傾向が高いです。(舞台が日本だったら明治~戦前くらいの時代設定だと多分OK)。現代物でも知的な感じのするものでしたら、多分問題ないと思います。

華麗といってもハーレクインロマンスみたいなものを想定しているわけではなく、文学作品を求めています。そして全面恋愛色みたいな作品は苦手です。(伏線として恋愛もからんでいる程度ならいいのですが、ベタな恋愛劇は微妙です。)ミステリー作品とかではなく、文芸作品に位置付けられているようなものを求めています。

日本の作家だと塩野七生さんや辻邦生さんが好きです。(『レパントの海戦』by塩野さん、『背教者ユリアヌス』by辻さんは自分内大ヒット作品です。)

できれば日本の作品ではなく、海外の名作に触れたいと思っているので、上述のような感じの小説にお心当たりのある方は教えていただけないでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

【追記】上記に加え、どうもキャラ立っている登場人物が出てくる話が好きな傾向があることに最近気が付きました。
  • 投稿日時 : 2012-04-25 21:11:37
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKテレビ3か月トピック英会話「聴く読むわかる!英文学の名作名場面」で紹介されていて読んだもの。


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-25 17:05:09
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しです。ヴァージニア・ウルフの作品は読んだことがなかったので、チェックしてみます。NHKのETVで取り上げるくらいですから、原書で読んでも読みやすいってことですよね。エリザベート関連はルートヴィヒ同様もう読み尽くした状態です(笑)。
パトリス・ルコント監督の映画のノベライズです。
舞台は18世紀、フランス革命前夜のフランス。
主人公である田舎貴族の若者と、狡猾な宮廷貴族が繰り広げる
エスプリ合戦が見ものです。
残念ながら絶版なのですが、、、

  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-24 23:47:29
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しです。面白そうなお話っぽいですね。amazonやbookoffで探してみますね。デュマが好きなので、痛快な話は結構はまりそうな気がします(笑)。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-21 14:01:11
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しです。シュテファン・ツヴァイクの『マリー・アントワネット』は既読です。しかも昔の岩波文庫で持っていて、あのトレーシングペーパーみたいなのが今では焼けてぼろぼろ状態です(苦笑)。遠藤周作さんのは読んでいないんです。どんなところに違いがあるでしょうか?もしよろしければ教えてくださいませ。
ツヴァイクの『マリー―』が正統派の伝記文学だとしたら、遠藤周作の『王妃―』は、史実をベースにしながらも、もっとフィクション要素の強い歴史文学かなと思っています。筆致も、決して下品ではありませんし、「人間は誇り高くもあり、愚かでもある」といえる面を克明に描いていて、面白い作品だと思いますので、機会があれば、ぜひどうぞ。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-22 01:44:32
投稿した名無しです。ご説明ありがとうございました。ちょうどデュマの『王妃の首飾り』を読んだところでしたので、遠藤周作さんのも読んでみますね。ご紹介ありがとうございました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-20 23:32:46
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しです。この話は既読です。ついでに映画も観てます(笑)。


私もご質問を読んだ途端に、ジェーン・オースティンと思ったのですが、既に出ていたので。。

同じイギリス文学の巨匠、カズオ・イシグロの「日の名残り」です。没落する大英帝国を象徴する執事の無知でまっすぐな生き方が、美しい文章で綴られていきます。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-27 10:14:32
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しでございます。これはジェームズ・アイヴォリー監督が映画化したものの原作ですね?アンソニー・ホプキンスが確か執事役をしていましたよね?あの映画、とっても興味あったんですが、結局見れなくって、まず映画見てみます!!
  • imataku922さん imataku922 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-28 00:43:31
名無しさん、その通りです。映画もすごくいいです。アンソニー・ホプキンスにエマ・トンプソンですからね。
カズオ・イシグロ作品では、「わたしを離さないで」も映画化されていていますが、双方監督さんが作品をすごくレスペクトしている感があって、素晴らしいです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-28 10:25:38
アイヴォリー監督の作品は好きなんですよ!なので、見ます!!「私を離さないで」もカズオ・イシグロなんですね。この話の概要を映画好きの友人から聞いた時に何となく『7SEEDS』という漫画を思い出してしまいました。全然関係ないんですけど、ある目的のために育成された子供たちっていう意味で・・・(夏Aチームの面々)
ゴシックサスペンスですが
↓5月に文庫になるそうです。

リヴァトン館

ケイト・モートン / 武田ランダムハウスジャパン / 2009年10月16日
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 19:43:23
またまたご紹介ありがとうございます。投稿した名無しでございます。これは面白そうな感じですね。どちらも全く知らない世界なので、書店で探してみます!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 13:10:46
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しでございます。既読です。そしてあんまり好きな作品じゃありませんでした(苦笑)。
私もジェイン・オースティンの『高慢と偏見』をおすすめします。

ちくま文庫の訳は読みやすく感じたので一度手にとってみてください。
その分、格調は高くないかも知れませんが…
  • ほうじ茶さん ほうじ茶 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 11:07:35
たしかに、滑稽な脇役たちの振る舞いに苦々しく思うところもあります。
それもまた上流層の一面なのかなぁと感じました。
彼らのおかげで、主人公の二人の良さが引き立ちます。(笑)
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 12:10:36
ご紹介ありがとうございます!投稿した名無しでございます。なるほど、やっぱりこれなのですね!じゃあやっぱり『ジェーン・エア』を読み終えたら、これを友人に借ります(笑)。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-05-28 15:36:16
ご紹介いただいた名無しです。あれから友人に新潮文庫版の『自負と偏見』(中野好夫氏訳)を借りて読みました。前にも書いた通り漫画化されたものを読んでいたので、あらすじは知っていたのですが、原作はまた違うかなとも思ったんですけれど、あんまり印象に差異はなく、私には今一つパンチに欠ける作品でした。オスカー・ワイルドの作品のような小気味いいウィットさが欲しかったというのが正直な感想です。
  • ほうじ茶さん ほうじ茶 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-18 00:56:55
そうでしたか。
質問者さまの求める作風とは異なっていたのですね。
失礼いたしました。

余談ですが、ちくまの新訳版の方がよいですよ。
私は新潮ではびっくりするほど読めませんでした。
ジェイン作品はもう読まれないとは思いますが一応…。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-20 23:05:18
ほうじ茶様
コメントありがとうございます。投稿した名無しです。『高慢と偏見』を借りた友人とも話していたのですが、どうも私はキャラだっている登場人物が出てくる話に弱いということがわかりました(笑)。『高慢と偏見』を読む前に『ジェーン・エア』を読んだのですが、その時はジェーンが好きになれなくて、散々文句を言っていたのですが、『高慢と偏見』を読了したら、ロチェスターさんがよかった分、『ジェーン・エア』
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-20 23:08:49
(続き)の方が面白かったと思い、そう友人に言ったら、「読んでいた時にあんな文句言っていたのに!」って怒られました(苦笑)。それで振り返ってみたら、確かに私がヒットする作品はみんな登場人物がキャラ立っている!ってことに気が付いたんです(笑)。でも『高慢と偏見』を読んだからそれに気付けたわけなので、ご紹介いただけてありがたかったです。やはり色々読んでみないとわからないですものね。ありがとうございました
  • 回答No.3371-034829
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-04-26 02:02:15
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 10:43:15
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しでございます。この作品は実は前からずっと気になっていたのですが、私の読書傾向を知っている読書家の友人がその上でも「この作品は大しておもしろくないから勧めない。」と言っていたので、読んでなかったんです。やっぱり自分で読んで判断した方がいいですね。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-04-26 10:44:57
ご紹介ありがとうございます。投稿した名無しでございます。水村さんの作品は『続明暗』しか読んだことがありません。『嵐が丘』をモチーフにした作品ですか・・・面白そうですね。書店でチェックしてみます!
全14件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする