中学校に寄贈するかいなか

重松清さんの流星ワゴンを読み終わったら学校に寄贈しようと思って読みました。
個人的には面白かったし、一日一日を愛する人のために、自分のために大切に生きようと思いました!でも、中学生に性の描写がきついか??と思ったり、でも多かれ少なかれどんな小説にも性の事は書かれているし、選書する側がそこまで細かく判断するのも難しい…。皆さん、生徒の立場、先生の立場、親の立場に立って考えてみて総合的に見てどう判断されますか?

  • 投稿日時 : 2012-05-21 22:32:12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.3520-036551
  • miyaさん miya さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-05-22 14:29:54
1
先生ではなく学校の立場としていうなら、本はほしいです。図書の費用は削られる傾向があるので、寄贈はどこでもうれしいはずです。寄贈後書架に並ぶかどうかは、司書の先生の判断にまかせることにして。
  • tomoitsuさん tomoitsu さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-05-22 15:18:31
ご回答ありがとうございます。
寄贈してみたいと思います。
0
生徒の立場なら、どんな本でも18禁の指定がない限り提供して欲しい。(中学生は18才未満のはずという前提)
先生の立場なら、高校入試に出る可能性がある本なら,どんな描写があるかどうかは棚上げ。
親の立場なら、買って来るよりは借りて読む方が。
結局,制度上提供可能かどうかで判断していただければ。R15指定でなければ、提供いただいて文句を言うつもりはありません。
「選書する側」は「細かく判断」して欲しい
  • kaizenさん kaizen さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-05-22 01:26:00
公共図書館,学校図書館で、コンピュータ関係の雑誌,書籍で質の悪いものをよく見かけます。近くに専門家は山の様にいるのだから「選書する側」は「細かく判断」して欲しいといつも思っています。
  • tomoitsuさん tomoitsu さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-05-22 15:15:12
ご回答ありがとうございます。選書する側の細かく判断のところはその通りですね。私がスタッフとして入る前に生徒からのリクエストの本をほとんど購入していたらしく、ケータイ小説がどっさりありました。読んでみると、会話中心の文章構成で情景などが伝わらない、という印象を受けました。今年度は書架から下げましたが・・・。R15、R18を基準に考えるといいですね。流星ワゴンは男子に読んでもらいたいので寄贈します。
全2件中 1 - 2件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする