時代小説なのですが

三十年くらい前に読んだものです。山本周五郎さんの短編だったと思うのですが・・・・
若い、腕自慢の武士が、強いという噂の先輩?に決闘を申し込み、決闘の時を待つ間に、自分が万一死んだ場合のことが心配になってあれこれ片付ける・・・・という内容で、死に対する覚悟を通した生き方が描かれていたように思います。
若い頃に読んで心の片隅に引っかかっていました。読み返したいのですが、題名がわかりません。ご存じの方がいらしたら、ぜひ教えて下さい。
  • 投稿日時 : 2010-10-04 12:23:51
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.376-04063
  • hpsさん hps さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-11-03 00:32:54

おそらく山本周五郎の短編集「四日のあやめ」に収録されている「ゆだん大敵」です。
  • shifu0523さん shifu0523 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-11-04 08:12:15
ありがとうございます! 早速探してきます。
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする