自分の悩みがいかにちっぽけかを感じさせてくれる本は?


どうなるかわからないことを悪い方向に考えて不安になったり、
たいしたことはないとわかっているのに気にやんだり。

そんな時に、
自分の悩みはなんてちっぽけなんだろう、
と思わせてくれるようなおすすめな本を、教えていただきたいです。
  • 投稿日時 : 2012-07-07 00:32:55
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういうときは、思い切り笑って思い切り泣いて思い切りおいしい物を食べる! につきます。

  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:29:31
悩んでいるときに
その悩みと関係のない自分の趣味に打ち込んだりすると
罪悪感を感じてしまうのですが、
思いっきり泣いて、思い切り好きなことをして、
よし、また頑張ろう!
と気持ちを切り替えることが
実は一番の近道かもしれないですね。

ありがとうございます。




求めているものとは少し違うかもしれませんが…
自分とは全く異なるいきものの世界を感じると、なんとなく気持ちが楽になる気がします。


  • しそさん しそ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 11:55:59
長くなりそうだったので2分割します…
「自分はなんてちっぽけなんだ」と感じるより「自分はこの大きな世界にいてちゃんと生きていて、しっかり悩んでいる、意外と大きな存在なのかも」と思えたりします。

蛇足だったかも、長くなってすみません。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:26:30
なるほど。わたしにとって新しい視点です。
今回のテーマが前提でなくても、
とてもおもしろそうな本だと思うので、読んでみたいです。

悩むことを悪いこと、ととらえるのではなく、
悩めるくらい真剣に生きていいるんだと、
発想を変えることも大切ですね。

ありがとうございます。
  • 回答No.3767-042759
  • kさん k さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-08-26 00:21:03


高校時代に読んだ歴史小説です。戦乱の世を必死に生きる彼らに比べたら、自分の悩みなんて大した事はないんだなあと、自然と思えました。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:23:44
歴史小説、大好きなんです^^

激動の時代を生き抜いた人の生きざまを見ると、
人間、覚悟を決めればなんとでもなるんだ、
と元気が湧いてくるように思います。


ありがとうございます。
いろいろあらゆる意味で救われた本です。
メディアが押し付けてくる「正しさ」に疑問をもつ自分がおかしいなかと思ってた。
さすが戦中派、説得力が違いました。

  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:20:27
返信が遅くなってしまいました。

今までは、予定がたくさんあって、忙しいことが
充実していることなのだと考えがちだったのですが、
最近では自分のペースで生活すること、
を大切に思えるようになりました。

小さなことで悩んでしまいがちな自分を、
優しく後押ししてくれそうな本ですね。

ありがとうございます。
藤原てい「流れる星は生きている」です。
中学生の時に読みました。
読み終わったあとに、夕食を食べたのですが、
食べられることの有難みを痛感しました。
今も強烈に記憶に刻まれています。

  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:16:20
返信がおそくなってしまいました。

戦争を必死に生き抜いた人々がいるからこそ、
今の自分があると思うと、
小さなことで悩むのが申し訳ないと感じますよね。
健康で、食べるものにも困らず、やりたいことができる今の環境がどれだけ幸せなことなのかかみしめたいと思います。

ありがとうございます。

もうお亡くなりになりましたが、手話ニュースでの派手なパフォーマンスが印象的だった丸山浩路さんの本です。中に書かれている全てのエピソードに号泣し、生きていることが奇跡だと思えてきます。読み終わったときには不安や気に病んでいたことはどこかに追いやられていることに気づきます。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-26 12:12:09
返信が遅くなってしまいました。

強い人の生き方を見ていると、自分も頑張ろうと思えますよね。
生きていることが奇跡、わかってはいても、精神的に余裕がないと
そのことがわからなくなってしまいます。
この本を読んで、もう一度そのことを実感しようと思います。

ありがとうございます。
  • 回答No.3767-039537
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-07-07 15:17:26


この本を読むと、私はまだまだだと感じました。主人公の強さに圧倒されます。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-07-07 22:15:15
自分もっと強くなりたい、ならなくちゃと思わせてくれそうですね。
ありがとうございます。
海に行くと、なんだか、何もかもちっぽけな気になりませんか?
そんな海に行けない時は、これなどいかがでしょう。

ここにいる自分のちっぽけさ。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-07-07 22:17:12
そういえば、最後に海を見たのはいつだろうという気がします。
その場に直接行けなくても、壮大な自然を感じると、やはり気持ちは変りますよね。
ありがとうございます。


フランスの高校生が選ぶゴンクール賞受賞作。ユダヤ人である著者の自伝的な小説です。静かな文章ですが、幾層にも重なり潜む歴史の惨忍さが伝わってきます。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-07-07 22:21:19
非情な運命でも、必死に生きている人を見ると、自分が贅沢なことで悩んでいるとわかりますよね。
ありがとうございます。
  • 回答No.3767-039527
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-07-07 11:41:51

自分の悩みと思っていたものはとてもとても贅沢なものだと痛感させられた本です。
  • idedesuyoさん idedesuyo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-07-07 22:22:39
ずっと気になってました。
題名だけ見て、単にお金の話をしているだけ?と思っていましたが、実は奥が深そうですね。
ありがとうございます。
全14件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする