登場時に探偵が探偵だと名乗らないミステリ

  • [回答締め切りました]
  • 未回答
  • 回答数 7件
  • 探してます
  • 湖子さん 湖子さん 2012年07月16日
回答は締め切りました。
ご回答頂きました皆様、ありがとうございました。


読んだ時期は10年以内ではないかと思いますが、定かではありません。
著者、出版社、出版時期すべて不明、ただ、国内のミステリ小説だと思います。
またミステリを単行本で読むことは少ないので読んだのは文庫ではないかと思っています。

覚えているのは、
探偵は最初、登場したときには自らを探偵だとは明かさなかったこと。
たしか、探偵が登場した際にほかの登場人物たちが「誰だ、こいつ」的な雰囲気を出していました。。(たぶん、、)

理由としては、
既にそこにはなんらかの意図をもってその探偵を騙る人物がいたから。
もしくは、探偵の側に探偵だと知られたくない事情があったから。

ほかの小説と混同しているようで理由ははっきりしませんが後者だった場合、登場人物のなかに探偵の知り合いがいてその人が助手的な役割をはたしたような記憶もあります。

また、探偵の登場は、ほかの登場人物が出揃ったあとだったような気がします。

これも他と混同しているかもしれませんが、事件が起こる場所はいわゆる陸の孤島で雪かなにかで外部との連絡が絶たれるクローズドサークルタイプのミステリだった可能性があります。(断言はできません、あくまで可能性です)

ほかはすべて不明で、確実なのは探偵が最初からは自らの正体を明かさない点です。

共通点のありそうな作品をご存知の方、ご回答をお願いしたいです。
特に、探偵が最初からは自らを探偵だと明かさずに話の進むミステリに心当たりがごさいましたらよろしくお願いいたします。


追記
ご紹介頂いた綾辻行人著『迷路館の殺人』が探している作品かもしれないと再読してみましたが、そうだと断言ができず、さらにご教示願いたく募集を続けることにしました。
しかし、このような作品自体たしかに存在しているかさえ自信を失ってしまいそうなほど曖昧な記憶なので『迷路館の殺人』と同様にそうかもしれない作品をお示しいただけたとしてもたしかにそうだとは断言できないかもしれません。
そういう状況で大変恐縮ですが、よろしくお願いします。
質問No.3814
みんなの回答・返信

  • take88さん take88さんの回答 2012年11月20日



こんにちは。
条件として
・登場したときには自らを探偵だとは明かさい
・探偵の側に探偵だと知られたくない事情
・クローズドサークルタイプのミステリ
だとすると、この作品かな...とも思うのですが。

ちょっとした異色作で、もしこの作品だとすれば
途中で思い当たるふしがでてくると思うのですが...
違っていたらすみません。
0
回答No.3814-047549
コメント 1件
湖子さん 湖子さん 2012/12/06
お返事遅くなって申し訳ありません。
こちらの作品に記憶はないのですが異色作ということで興味がわいたので読んでみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございました。
  • ふみさん ふみさんの回答 2012年07月24日



こちらの作品かもしれない、と思い上げさせて頂きます。
違ったらごめんなさい…。
0
回答No.3814-040518
コメント 3件
湖子さん 湖子さん 2012/07/24
ご回答、ありがとうございます!
まだ、なんとも言えないのですが、これの可能性はかなり高いような気がします。館シリーズにははまっていたのでたしかにこれは読みました。しかし、ほぼ記憶がなく、、この質問の中で書いたことと少しでも内容が合致していれば、おそらくこの作品なのではないかと、思います。こちらこそ、曖昧な返事で申し訳ありません。とりあえず、読んでみます。
ありがとうございました!
湖子さん 湖子さん 2012/07/26
読んでみました。。
でも、さすがに再読ということで初めて読んだときには感じたかもしれない驚きがなく、、探してたのはこれ!! というような手応えは残念ながら得られませんでした。
質問しておいて明確に判断できない自分が不甲斐ないです。
でも貴重なヒントをいただきまして本当にありがとうございました。
ふみさん ふみさん 2012/07/26
初めて読んだ時と、次に読んだ時で印象が違う事ってありますね。
でも、これ!っていう感じが無いならやっぱり違うんだと思います。
他の作品を提示できなくて残念…。
これだ!っていう作品が見つかりますように(*^-^*)
  • hacobookさん hacobookさんの回答 2012年07月22日
最初に探偵が死んだ


お探しの本ではない可能性が高いのですが、、、

クローズドサークルタイプのミステリであり、かつ
探偵が「諸事情につき」名乗りがたい状況にあるということで
こういう作品もありますという
紹介もかねて。

探しているものが見つかるといいですね。
0
回答No.3814-040447
コメント 1件
湖子さん 湖子さん 2012/07/23
ご回答ありがとうございます。
探偵が最初に死ぬ!? え、最初に??
思わず二度見してしまいました。
たしかに諸事情で名乗れなくなっていらっしゃるみたいですね。。かなり衝撃的な作品ですが、やはり探している作品とは違います、ね。しかし、なかなか興味をそそられました。
ご紹介とともにお気遣いまでいただきまして、ありがとうございました。
  • ぴよるさん ぴよるさんの回答 2012年07月22日

「既に探偵を騙る人物がいたから」で思い出したのがこちら。
ノベルズ版の発表が89年、文庫化が93年です。新装版は09年。

いかがでしょうか?
0
回答No.3814-040385
コメント 1件
湖子さん 湖子さん 2012/07/22
ご回答、ありがとうございます!
探偵を騙る人物が既に登場していた、というのはある意味でパターン化された感があるのでしょうか。。
ただ、実際にそのパターンの作品なのか記憶に自信がなく、せっかくのご回答でしたが、歌野晶午さんの作品はたぶん、一冊しか読んだことがないのでこちらの作品ではないようです。
でも、こちらも面白そうですね。
ありがとうございました。
  • 1374さん 1374さんの回答 2012年07月21日
下の回答者様と同じく、
「星降り山荘の殺人」 倉知 淳 著  か
「名探偵はもういない」 霧舎 巧 著
はいかかでしょうか?
こちらの本に「名探偵は名乗らない」という章があります。
・日本小説
・雪と地震で閉ざされたペンション
・探偵役が途中まで不明
に一応当てはまります。違っていたらすみません;!
 

0
回答No.3814-040365
コメント 2件
湖子さん 湖子さん 2012/07/21
ご回答、ありがとうございます!
二度目のおすすめということで「星降り山荘の殺人」はやはり私が探している作品と近いようですが、下のご回答者様のところでコメントさせていただきましたが、違うようです。。
また、「名探偵はもういない」は、読んでいないと思うのですが、霧舎巧さんの作品は何作か読んだ記憶があるので、もしかしたら、可能性があるかもしれません。
湖子さん 湖子さん 2012/07/21
曖昧な質問に曖昧なコメントでこちらこそもうしわけありません。
ありがとうございました。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2012年07月21日
自分で読んだ本ではなく
友人の感想を聞いただけなので
定かではないのですが
なんとなく思い浮かんだので。

0
回答No.3814-040345
コメント 1件
湖子さん 湖子さん 2012/07/21
ご回答ありがとうございます!
勉強不足で倉知淳さんという作家さんは初めて知りました。
なので、せっかくのご回答ですが、こちらの作品ではないようです。でも、あらすじを読む限りでは、探している作品と近いような気もしました。
今度、本屋さんでこちらの作品も探してみたいと思います。ありがとうございました。
  • nakaさん nakaさんの回答 2012年07月20日
海外ミステリですが、いかがでしょう?

あらすじ
舞台はコロラド・ロッキーの山上に建つ小さなホテル魚網荘。マーゴットは病床の夫を殺し、遺産を手に入れて自由になろうと目論んでいた。しかし感づいた夫は私立探偵をしている友人を呼んだと言う。意を決した彼女は夫に手を下す。そこへやってきた4人の客。探偵は誰? 邪魔なやつは消さなければ。
0
回答No.3814-040317
コメント 1件
湖子さん 湖子さん 2012/07/21
ご回答、ありがとうございます!
こちらの作品も面白そうですね。
ですが、海外ミステリは有名どころしか読んだことがなく、こちらは記憶にありませんでした。私としても残念だったのですが、探していた作品ではないようです。。
でも、だれにも回答していただけないかとあきらめかけていたところでしたので、ご回答いただけて嬉しかったです。ありがとうございました。
全7件中 1 - 7件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする