昔読んだ子供向け?の数学のお話探しています。

子供向けの数学の本を探しています

昭和40年〜50年代に売られていた物だと思います

装丁が灰色っぽい白い布のようなハードカバーで

たしかニコラ博士という人と少年が主人公
一章完結になっていて、
それぞれの章で難しい
数学の事を教えてくれる話でした

最後は博士がいなくなっちゃうだったか、
謎のようなお話でした
日本人の著作かどうかも不明。外国のお話のような雰囲気でした

数学に興味がなかった小学校高学年の私にも
興味をわかせてくれた本

ヒントが少ないですが思い当たる方いらしたら教えて下さい
数学者だった祖父が貸してくれた大事な思い出の本です


  • 投稿日時 : 2012-07-21 20:42:01
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
昭和40年頃、NHKでケペル先生と人形と少年の番組がありました。内容は雑学だったかと思うのです。判らないことをケペル先生が教えてくれる番組でした。
違うとは思いますが、取りあえず。
ありがとうございます。
調べてみました。
もう少し海外ぽい内容だったので違う様ですが
情報感謝です☆
よい一日を♪
0
覚えていらっしゃる内容と相違点が多く、
自信はありませんが。こちらかな。

ありがとうございます!雰囲気なんかはすごく近いです。
たぶん違うのだと思うのですが、この本もかなり気になりました。
素敵な情報感謝です☆
全2件中 1 - 2件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする