おすすめの南米文学を教えてください


南米文学に興味がありますが、どんなものから読んでいいのか分かりません。
みなさんのおすすめを教えてください!

南米文学というとスペイン語かポルトガル語でしょうか?
最近、『ドン・キホーテ』を読み始めたばかりなので、出来たらスペイン語で書かれたものを翻訳した本が読んでみたいです。

よろしくお願いしますm(__)m

  • 投稿日時 : 2012-08-12 21:59:17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
こちら↓を参考にされてはどうでしょう。

読みたい本が、ぐんと増えるはず。
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-14 21:45:31
ありがとうございます!

なるほど!確かに有名どころがさっと分かって、読みたくなるはずです(^v^)

さっそく読んで、探してみます~
  • 回答No.3938-041902
  • この回答は削除されました。
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-14 07:28:42
ありがとうございます!

た、確かに『ドン・キホーテ』はまだ1巻目ですが、そろそろ挫折しそうです…オルテガの『ドン・キホーテをめぐる思索』が読みたくてまずはと思い読み始めたのですがヽ(;。;)ノ

スペイン、南米ともにさっそく読んでみます!
  • 回答No.3938-041900
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-08-13 23:35:12
2




他の方と同じ作家で申し訳ないです…
『予告~』は短くて読みやすかったです(『百年の孤独』は読みきれてないです)
ボルヘスは『バベルの図書館』でも有名ですよね。
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-14 07:24:13
ありがとうございます!

多くの作家を知ることができて嬉しいです(^v^)
『バベルの図書館』は未読ですので読んでみたいです~

さっそく読んでみます!
3

十二の遍歴の物語

エレンディラ

同じガルシア=マルケスでも、百年の孤独とはまた違った雰囲気を味わえるのではないかと。
特に十二の遍歴の物語にある「光は水のよう」は、高校教科書にも入っていたし、短編だし、読みやすいんじゃないかなー。
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-14 07:19:06
ありがとうございます!

「光は水のよう」は高校教科書に入っていたのですか?!
知りませんでした…高校時代は三月記が印象的すぎて
他になにを勉強したのか記憶があやふやです(>_<)

さっそく読んでみます!
2
ドノソ、夜のみだらな鳥

ギマランエス・ローザ、大いなる奥地

というのが凄いらしい。入手しずらいので私も読んだことないけど…

ガルシアマルケスの百年の孤独、族長の秋は凄く面白かったです。
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-13 21:07:03
ありがとうございます!

世界の文学シリーズは確かに本屋さんや図書館でもなかなかみないので探すのが大変そうです;;
族長の秋は題名だけ聞いたことがあります!

さっそく読んでみます(^v^)
2
キューバからの亡命作家の自伝。



こちらもキューバ出身。物語らしく読みやすいです。

ハバナ奇譚

ダイナ・チャヴィアノ / 武田ランダムハウスジャパン / 2008年6月19日

  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-13 21:05:01
ありがとうございます!

亡命というのはなかなか聞きなれてませんので、とても興味深いです。
さっそく読んでみます(^v^)
4
スペイン語圏だと、
ガルシア=マルケス
ボルヘス

バルガス=リョサ

あたりが有名だと思います。
目が回る感じが好きです(^^)
  • 足立さん 足立 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-08-13 07:42:02
回答ありがとうございます!

さっそく読んで目を回してみますヽ(@。@)ノ
全7件中 1 - 7件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする