日本文学の出てくるミステリ

日本文学の出てくるミステリを探しています。
古代・中古から現代まで時代は問いません。また、その作品自体の解釈でもいいですし、謎解きに少し関わる程度でも構いません。

私が思い付くものとしては




が挙げられます。

他にご存知の方がいましたら、教えてください。
  • 投稿日時 : 2012-08-25 12:04:13
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加



かなり前の出版ですが、六歌仙の和歌にそって殺人事件がおこるミステリーです
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-17 23:45:30
ご紹介ありがとうございます。
日本文学の中でも和歌は特に関心がある分野なので嬉しいです!
探してみます。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-18 08:52:02
井沢さんは 後芥川龍之介を探偵役に いろはうた を題材にしたミステリーも書いてみえます 初期の作品です


タイトル通り、源氏物語を題材としています。
短編集なので、ミステリーなのは一部ですが…。
夕顔の死を殺人事件と解釈するお話や、末摘花を外国を舞台に書き換えたお話などがあります。源氏物語にでてくる女性がテーマ。
先にあげた「夕顔殺人事件」がわたしは一番好きです。
こんな源氏物語のアレンジがあるのか、という意外な感じのする作品。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-14 17:58:04
ご紹介ありがとうございます。
私の中で源氏物語(と万葉集)は聖域というかテキスト第一主義なのですが、だからこそどう料理されているのか、気になります!
いちゃもんつけてやる!くらいの気持ちで読んでみたいと思います(笑)
確かに、結構(いい意味で)ふざけたお話であることは間違いないです。笑
聖域なのであれば、「人気があるからこんな解釈もあるよねー」ぐらいの、ぜひ、軽い気持ちで読んでください。もちろん源氏物語の文章もすてきですが、筋書きも、少し設定を変えただけで今の女性と共通する生々しいものであると再認識できるのでは…。

とても軽く、よんでください。笑
予防線張りすぎたような気がしますが、面白いのは本当です。

日本文学じゃないかな?鯨統一郎さんはこういうのけっこう書いてるような記憶があるのですが。
あとは柳広司さんとか。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:52:20
ご紹介ありがとうございます!
鯨作品は結構読んでいるのですが、ご紹介いただいた作品は知りませんでした。
二冊目もありがとうございます。やっぱり漱石は題材になることが多いですね~。
まだ読んでいないのですが。
面白そうです。

  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:45:35
ご紹介ありがとうございます!
下にも記しましたが既読です。が、すっかり忘れてました(笑)
もう一度読んでみようかな~。
浅見光彦シリーズではちょいちょい文学や俳句が題材になってたような…


  • iyomanteさん iyomante さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:39:00
ご紹介ありがとうございます!
ドラマは結構見てるのですが、原作は手付かずで盲点でした。
チャレンジしてみたいです。
ラノベになりますが、『"文学少女"』シリーズがオススメです。ラノベの中では、比較的漫画っぽくなく読みやすいかと思います。
太宰治(人間失格)、武者小路実篤(友情)、宮沢賢治(銀河鉄道の夜)、泉鏡花(夜叉ケ池)など、1冊ごとにモチーフとなる本が変わります。
外国の文学もありますが、オススメです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:43:53
ご紹介ありがとうございます!
前から気になっていたのですが、ラノベということで敬遠していました。漫画っぽくないということなので、一度本屋で手に取ってみたいと思います。
  • 回答No.4007-042733
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-08-25 16:23:18

このシリーズは狂言回しと探偵ポジションが作家と古本屋で舞台が昭和なので、ちょこちょこ古典の話がでてきます。
確実に毎回出てくるのは鳥山石燕。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:35:04
ご紹介ありがとうございます!
このシリーズは全部読んでいます。続編が待ち遠しいですよね~。

こちらは紫式部を探偵に据えたミステリ。源氏物語の謎にも触れています。ちなみにシリーズ物です。

こちらはなにかの作品を題材にしているわけではありませんが、清少納言が関わっている連作ミステリです。
どちらも最近読んだ作品ですが、とても面白かったですよ。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:33:16
ご紹介ありがとうございます!
近代は多いけど、中古文学を扱った作品はあまり見かけないので、有り難いです。
早速、本屋で探してみます!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:25:06
ご紹介ありがとうございます!
読んだことがないのでチャレンジしたいです。
漱石と聞いて「 『吾輩は猫である』殺人事件」を思い出しました……
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-09-01 12:29:26
と思ったら、上の方が紹介してくれました(笑)
全9件中 1 - 9件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする