ブクログ談話室

なんと言う本だったの??

    未回答
  • 回答数 2件
  • 探してます
先日友人と話していて、
「原爆かなにか破壊兵器が地球のあちこちで落ちて、放射能が辺り一面を覆いつくした後に、生き残った人たちで、集まって、作物を育てたり、開墾、開拓などをして、共同生活を始めるのだが、生えてきた作物はみな放射能に汚染されたのか、変形し、育たない物あり、食べ物も何もかも少なくなり、生きていた人々の体調も崩れ、リーダー格の老人も亡くなり、内乱が起こり、暴動騒ぎになり、そんな中、主人公とそのガールフレンドが脱走するのだけれども、彼らも発病し、さらに追っ手がすぐそこまで迫る。という所で終わっているお話」といった作品を過去に読んだだことがあるのですが、外国文学だったという事しか憶えておらず、多分金原さんの翻訳だったと思うのですが。。。どなたか憶えている方、題名だけでも教えていただければ幸いです。
質問No.4039
みんなの回答・返信

  • 名無しさん 名無しさんの回答 2012年08月31日
小松左京さんの『復活の日』に話がよく似ているのですが、違いましたか?私は若い頃これを映画で見ただけなのですが・・・



0
回答No.4039-043135
コメント 1件
pippiさん pippiさん 2012/08/31
早速お知らせいただきありがとうございます。小松左京さんですか。。確かに書きそうですねえ。探して少し読んでみます。ありがとうございました。
こんにちは。
ちょっと違うような気もしたのですが、核戦争後の西ドイツのお話です。読後がとても憂鬱でした…

0
回答No.4039-043678
コメント 1件
pippiさん pippiさん 2012/09/10
シギさんへ
教えてくださってありがとうございます。う〜〜ん作家に心当たりがないですが、でも、作品はかなり似ていそうです。探しまして(あるでしょうか?)読んでみます。ありがとうございました
全2件中 1 - 2件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする