ブクログ談話室

あなたが本当に人に勧められるたった一冊を教えてください。

    未回答
  • 回答数 17件
  • おすすめ教えて
極端な話を言うと、死に際で「この本だけは・・・」と言えるような本を教えてください。
皆さんの至高の一冊を読んで見たい!
質問No.4078
みんなの回答・返信


特に死に際なら間違いなくこれ。
残していく人に笑っていて欲しいから。
1
回答No.4078-047761



ぜひ読んでみて下さい
0
回答No.4078-047739
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2012年11月23日


ですね~
固い話のはずなのにラブコメ要素が多いからですかね~
まあでもまだ小学生なので読書量はすくないですけど。
1
回答No.4078-047728
私は、迷わず?『心の中のあいうえお』をお薦めします!
ぜひ…。いや、絶対に読んで見る価値ありです!!
0
回答No.4078-046553

 1945年のドイツと1974年のフランス、30年の時を経て起きた、2種類の「三重密室」事件。現象学を駆使する哲学者が読み解く、事件解決に必要な、関係者達が抱えるそれぞれの「生と死の哲学」とは。
 「死」とは、「生」とは何かを考えさせられる、哲学的推理小説。

 凡庸な日常から脱却する「何か」を望む、全ての人々に読んで欲しい。
0
回答No.4078-046523
HIVのキャリアーの人の生活支援をするボランティアのお話。ショートストーリィ集です。

1
回答No.4078-046327
「人に薦め」たいのは

「たった一冊」は

「死に際」に読みたいのは

心象の京都

水野克比古 / 光村推古書院 / 2009年4月27日


…と、キーワードによって別れちゃうんですが、
至高の一冊ということでしたら『朱色の研究』かな。
0
回答No.4078-046326
「勧める」かはピンと来ないですが、一緒にお墓に入りたいのは迷わず『枕草子』です。

千年前に書かれた、おそらく千年後を見据えて、主人定子を伝えたいという願いにあふれた作品です。
0
回答No.4078-046306
たった一冊というのは難しいですね。そして誰に勧めるか、というのも難しい。今もっている本の中で一冊であれば、こちらになります。
死別を経験した人に捧げる詩の本です。詩の一行が一頁に印刷され、ところどころに控えめなイラストが織り込まれています。ゆっくりと頁をめくっているうちに、穏やかな気持ちになれます。
0
回答No.4078-045608
0
回答No.4078-043720
全17件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする