心の持ちよう

最近、自分は綱渡りをしているように生活しているのかなと思うことがあります。

別に精神状態が以前と比べて変化したとか、生活に変化があったとか、そういうことではなく、最近、自分の性格などについて考えることがあり、「常に綱渡りをしている状態」で、気を抜くと自分の欠点ばかりに考えがいってしまう、という暗闇に落ちてしまうような。
楽しく過ごしていても、ふとした時に足元の綱の存在を思い出し、同時にそこから落ちたら暗闇が広がっているのだということも思い出す。
そして楽しかった気分が徐々にしぼんでいってしまうのです。

こうして文章にしてみると、すごく分かりづらいうえに、なんだか深刻な感じになってしまいますが気を病んでるとかそういうことではなく、ふと、そんなことを考えることが多いです。

加えて、自分には「自信」というものが大きく書けているのかなとも思います。特に性格に対してです。一人になった時に、それまでしていた会話を思い出して、ああ言えば良かった、という風に反省し始めて止まらなくなります。


ということで、何か心の持ちようについて書かれている本を教えていただきたいのです。
もう少し、気楽に生活するためのヒントとなるような本を教えてください。
小説でも、実用書のようなものでも、何でも構いません。

よろしくお願いします。
  • 投稿日時 : 2012-10-03 01:06:04
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4187-049359
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-12-26 01:21:18
0
落ちてはいけないという考えが強迫観念になるので、その暗闇に自ら落ちてみればいいと思います。そうすれば、自分が何を恐れているのか、恐れるほどのものだったのか、ただの取り越し苦労だったのか分かると思います。

専門家の診察も必要に応じて気軽に受けてみるといいです。OCDには認知療法(投薬なし)で充分有効。
  • 回答No.4187-049358
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-12-26 01:12:18
0
神父さんの説教集なので多少宗教色はありますが、
別に信仰を持っていなくても、抵抗なく読めると思います。
わたしがそうでした。
大丈夫かも、と思えてきます。

0
ちょっと胡散臭いですが、

意外と客観的に、自分を見つめることが出来ます。
なんだこの性格は生まれつきだよ仕方ねーよ、と思えますし、酷すぎたら所詮占いじゃん、で済みます。笑
逆に気がつかなかった自分の良いところを発見したりもします。
図書館いったついでの、暇つぶしにどうぞ。
※ホロスコープはwebで「無料ホロスコープ」で検索。
0
色々書きたいことはありますが・・・
例えばあなたから見て自信タップリに見える人でも、実は意外と臆病だったりします
みんな不安を抱えて生きてます、あなただけじゃないですよ


あまり悩まず笑い飛ばしましょう
  • 回答No.4187-045086
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-10-03 12:10:27
0
私も高校生から大学生の頃が最高にネガティブで、基本的に自信などなかったです。しかも、こんな悩みを持っているのは自分だけと思ってしまい、自己啓発本などは当時は手に取る気になれませんでした。手に取る=弱いことを認めるような気がしたからです。ですが、今思えば程度の差はあれ、多くの人が陥る悩みの一つだと思うし、本の中から必ずたくさんの答えが見つかります!ジャンルを限定せず手当たり次第に読んでみて下さい。
0
0
  • 回答No.4187-045065
  • pimgさん pimg さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-10-03 01:23:44
0
  • ちひろさん ちひろ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-10-03 01:32:41
ありがとうございます。
たくさん紹介していただいて、この方面の本はどれを読んだらいいか分らなかったので、すごく助かります。
気になるタイトルがいくつかあるので、探して手に取ってみようと思います!
全8件中 1 - 8件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする