原発について詳細に書いてある本


どうしてもテレビや新聞だけでは作為的な情報しか入ってこないので、

科学的な視点からの原発に関する本を探しています。
また内容は、原発に反対・中立・賛成のどのスタンスの著書でも構いません。

なるべくわかりやすい内容でお願いします。
  • 投稿日時 : 2012-10-06 20:51:50
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4199-046511
  • miyaさん miya さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-10-31 14:58:39
ちょっとだけ、毛色が違うかとは思いますが、これもリアルな原発の姿です。



「わかりやすい」と感じるものは、どこか「作為的な情報」だと仮説をたててはどうでしょうか。科学的視点を持って,専門書の分からないところを調べるという方法はいかがでしょう。
「原子力教科書」で不十分なところは、具体的な設計図の事例と運用上の実態に関する記述かもしれません。
  • tammyさん tammy さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-10-31 14:31:17
>「わかりやすい」と感じるものは、どこか「作為的な情報」

まったくもってその通りですね・・・・。
頭を使わずに、漠然とした共通理解だけが蔓延してしまったからこのような事態になったというのもありますしね。
その方法で勉強してみたいと思います。

また、一般的にわかりやすいと言われているものには疑問を忘れずに読んでみます。ありがとうございました。

私もまだ勉強中ですが、類書の中では最もクールに書かれていると感じました。
「三号機で起きた事象は、水素爆発ではなく燃料プールの即発臨界であった可能性が高い」という仮説が説得力のある根拠と共に述べられていたのが印象的でした。







「天空の蜂」「神の火」どちらも小説ですが‥‥
天空の蜂は本当にわかりやすく原発について書かれてあり、もっと早くこの本を読んでおけば良かったと思いました。
原発関連の本は何冊か読みましたが、これが一番わかりやすかったです
軽水炉、重水路、高速増殖炉の違いが図解で説明されていて
全電源消失の回避方法なども記されています
内容はわりと中立的だと思いますが、読む人によって意見は割れるかもしれません


 財政難の東京。東京都知事の天馬はある日、何の前触れも無く臨時会議を招集、その場で爆弾発言をする。
「東京に、原子力発電所を誘致する!」
 召集された面々は大パニック!
 はたして、原子力発電所は必要なのか、不要なのか。
 笑いながら日本が抱える原子力発電所の現状と課題を学ぶことが出来る、社会派ブラックコメディ映画の小説版。
  • 回答No.4199-045215
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-10-06 21:33:59

高速増殖炉もんじゅの非公式キャラの本。
福島の事故で初めて関心をもった人にも読みやすい入門です。

高速増殖炉については
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする