海堂尊さんファン集まれ~

海堂尊さんが大好きな者です。
あまり周りに同志がいなくてさみしい毎日を送っています。

みなさんのお気に入りの海堂作品教えてください!!

私のお気に入りは最近発売されたスリジエセンター1991です。

  • 投稿日時 : 2012-11-10 15:11:18
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4373-081456
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-11-04 22:59:55
2
変なおじさんがたくさん出てきて、解決に動き出すのでこれで。
バチスタを本気で見る&読むきっかけになった本です。
この本の、キャラクターの多さと、これから始まる感じがいいなって思います。


2


なんで剣道???と思いましたが、あの人たちが学生時代は剣道で火花を散らしていた模様です。
佐々木アツシ君の2作も好きです。
2
ジュブナイル。本を読まないウチの子供達が面白かったと云ってます。大人にも面白い。
STAP細胞騒動を予見?。

桜宮サーガ端っこの作品で、カオル君の誕生はジーンワルツ、マドンナベルデで語られてます。
ナイチンゲールで甘えん坊だった佐々木アツシ君がスーパー高校生で登場。読後、裏表紙のハイパーマン・バッカスのポーズにグッと来ました。
2
私は、ジーンワルツです。すごくよくできている考えさせられる作品

3



佐伯総合外科のもとに渡海・高階・天城・速水といった規格外の外科医が集い、医局員世良が彼らに翻弄されながらも成長し巣立ち、あのシリーズに繋がるのか!!てとこが良いです。
  • にゃんこさん にゃんこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-12-15 10:10:35
私も大好きです、この’ブラック’シリーズ(*^_^*)
このシリーズは表紙も綺麗ですし、なによりも流れがありますよね。
渡海、高階、天城、速水、、いずれの登場人物もとても魅力的ですし、読むたびに物事が繋がっていく感覚も病み付きになります。
いわゆる白い巨塔的な側面を兼ね備えたエンターテイメントだと思います。
スリジエを読む限りこのシリーズは終わってしまったようなので、残念です。
2

最近「チーム・バチスタの栄光」を読んで桜宮サーガにはまったばかりです。
医療モノとしてはどの話も優れていると思うのですが、だんだんミステリ指向ではなくなってきてしまっている気がするので(そんなところも好きですが)mkt99さんと同じく「チーム・バチスタの栄光」がいちばん好きです。
  • にゃんこさん にゃんこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-12-15 10:04:31
やっぱりチームバチスタが王道ですね(*^_^*)
ドラマ化、映画化もされましたし。
ミステリの中では異色(?)な作品ですが、私もこの作品から海堂さんにはまりました~
3


これです。ほかのももちろん大好きですが。
速水先生がかっこいいので・・・(笑)
スリジエセンター1991は未読です。
このシリーズも好きなので読むの楽しみです。評価高いみたいですし・・・
私も周りにあんまりいないので布教中です。
引きずりこんでます(笑)
  • にゃんこさん にゃんこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-11-15 20:02:13
回答ありがとうございます。

速水先生、かっこいいですよね(*^_^*)
ジェネラルルージュの伝説もいいですよ。
速水先生ファンなら必読です(もう読んでいるかもしれませんが)

  • 光さん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-10-29 21:34:39
私もこの作品です。理由も同じく。報道のヘリは飛んでいるのに、どうしてドクターヘリは飛ばないんだ!という趣旨の台詞が好きです。オチもこのシリーズらしいです。
3
いきなりド真ん中ですみません。(笑)
やはり何と言っても代表作のこれでしょう!

映画の方の阿部寛と竹内結子も原作のイメージとは少し違いますが、なかなか良かった。(^o^)
  • にゃんこさん にゃんこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-11-12 19:50:32
バチスタ、面白かったですよね。
私はこの作品をきっかけに海堂尊さんはまりました~

映画も見ましたが、あれもあれでいい味出していたと思います(*^_^*)
全8件中 1 - 8件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする