暗黒児童文学、探しております

 いたいけな児童に忘れられない傷を残してしまうような暗黒児童文学を探しております。

 天沢退二郎『光車よ、まわれ!』、オレンジ党シリーズ、稲生平太郎『アクアリウムの夜』、芝田勝茂『夜の子どもたち』、牧野修『水銀奇譚』、倉数茂『黒揚羽の夏』、沢村鐡『封じられた街』『十方暮れの町』……のような本を紹介していただけたら嬉しいです。

 当方、いたいけな児童ではありませんので、容赦なく紹介していただければと思います。
  • 投稿日時 : 2012-11-21 17:19:23
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
質問趣旨に合っているかわかりませんが・・・
ことごとく不幸になる話しです。

0
『ひげよさらば』など、ヘヴィー級の作品が多い上野瞭の児童文学のなかでも、この『ちょんまげ手まり歌』の怖さと衝撃は別格でした。しかしトラウマだけでなくパワーも残す暗黒本です。

0
未読でしたらこちらはいかがでしょうか。
『悪童日記』

「ぼくらは、<大きな町>からやってきた。」という冒頭からは童話のようですが、
読み進めていくと、ありとあらゆる『悪』がこれでもかと出てきます。びっくりするほど、エログロ。
読んだのは成人してからですが、少女のときに読んでいたらトラウマ級だったはずです。

0
ギャシュリークラムを読まれるならこちらもいかがでしょう??
ただただ不幸…救いはありません。


こちらも…

1


小学校の図書室にもあったので多分児童書。
少し歪んだ世界の中で、奇怪な登場人物達と時計屋敷を探すお話です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-14 16:22:26
懐かしいです。その昔、NHKのラジオドラマを聴きました。
  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-13 20:41:12
読みました! 谷山浩子は曲を聴いたことはあるのですが、作家活動もしていたのは知りませんでした。悪夢っぽいファンタジーかなと思いながら読み進めたら、きっちりミステリで締めてきたのでびっくりでした。谷山浩子すごい…。ラジオドラマも機会があれば聴いてみたいです。素敵な作品をご紹介いただきありがとうございました!
0
暗黒というわけでもないですが、容赦ないという意味で
むしろ子供のほうが共感できるかも


トラウマという点ではこちらのほうが・・・

  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-13 20:31:19
『ビビを見た!』読みました! 確かに容赦ない、理不尽な怖さは暗黒なのですが、作者が伝えたいことは実は児童文学の王道っぽくて、その乖離具合がすごく良かったです。これは小学生の内に読んでおきたかったなあ…と悔しくなりました。ご紹介いただきありがとうございました!
  • nankadoさん nankado さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-14 08:35:54
おお、レスポンスありがとうございます。それは良かったです!
3
とにかくねずみのばあさんが怖すぎる。
この本のおかげで押し入れには一切近寄らない幼稚園児になりました。ぐぬぬ……

  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-14 00:04:36
うわああきたあああああ大好きでしたというか今でも大好きで本棚に入れてある絵本です! 押し入れに対する興味と恐怖を全国の子どもに植え付けたであろう、素敵な絵本ですよね……! 久々に引っ張り出して読み返してしまいました(笑) ご回答いただきありがとうございました!
1
暗黒かどうかわかりませんが、子供のころに読んで、いまもキョーレツに印象に残っています。

せなけいこさんの本は子供に大きな影響を与える絵本が多いですね。
我が家の子供も「見ない!」としまい込んでます。
「ねないこだれだ」もですが、コレも。

  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-14 00:02:20
これはまた懐かしい! 遠い昔に読んだ覚えがあります。確かにインパクトのある絵本だったなあと思い出しました。親子二代にわたって楽しめる(?)絵本、素敵ですね!(笑) ご回答いただき、ありがとうございました!
4

外国の絵本です。
AからZの名前の子供たちがそれぞれ色んな死に方をするという大人向けの絵本です。絵は不気味なんですが、韻を踏んだような軽い文章でなんかついクスッてしてしまいました。
子供たちが死んでいるので笑ってはいけないのですがw
  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-13 23:58:08
これは有名な本ですね! 読みたい読みたいと思いつつまだ読んでいなかったので、この機会に読んでみようと思います。マザーグース的な、残酷なことを無邪気に面白がる作品は好きなので楽しみです(笑) ご紹介いただき、ありがとうございました!
0


弟を地に埋めて。
児童文学なのかはわかりませんが、自分が中学生の時に読んで衝撃を受け、忘れられない本です。ある国に原爆が落ちたら‥そこで生き残ったら‥弟と生きて行かなければならなかったら・・
黒い雨や制御を失った人々、育たない植物、絶望が次々に襲いかかってきて…怖かったです。
  • 深夜さん 深夜 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-01-13 23:56:05
タイトルと表紙とあらすじから大分覚悟を決めたつもりで読んだのですが……リアリティのある絶望がたたみかけるように襲ってきて、じわじわとダメージを受けました。これは幼少時に読んだら忘れられない作品になりそうです。ご紹介いただきありがとうございました!
全19件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする