二重構造の小説教えて下さい

    未回答
  • 回答数 57件
  • おすすめ教えて
・小説の中で別の小説の話が出てくる
・小説の中で別の世界に入り込んでしまう
・一冊の本を読んでいるのに、同時に二冊の本を読んでるような感覚になる
みたいな二重構造な小説が読みたいです。(劇中劇のような小説)


面白くて好きなんですが、上手く出会えないのでそういう小説でオススメを教えて下さい。

映画でも二重構造が素敵なものが有れば知りたいです。
質問No.4624
みんなの回答・返信

やはりこちらですかね。有名処ではありますが…

0
回答No.4624-091210

たしか最後にトーンが変わる。


上に同じ。


ふたつの話が交互に進む。


作者が出てくる。
0
回答No.4624-091134
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2019年06月30日


もう大分前に読んだんですが、とても衝撃的な想いがまだ残っています^^
0
回答No.4624-091117
 これ、今、読んでいる途中です。

熱帯

森見登美彦 / 文藝春秋 / 2018年11月16日


 半分まで読んだ時点では、とても面白い。「あらゆることが『熱帯』に関係している。この世界のすべてが伏線なんです」── 後半、この伏線が上手く回収できるのか?

 いよいよ後半に突入! 最後まで読んで面白かったら、レヴュー書きます!
0
回答No.4624-091096
コメント 1件
 たった今、読み終えました! もの凄く面白かった。みなさん、ぜひご一読を。

 近々、レヴュー書きます。
女性解放活動家のフローラ・トリスタンと、
その親戚のポール・ゴーギャンの人生が交互に語られます。


江戸の町での滝沢馬琴の生涯と、
馬琴の書いた南総里見八犬伝の物語が交互に語られます。
0
回答No.4624-088835
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2018年07月30日
二重構造とはちょっと違う気がしますが。









長編ですが面白かったです。
1
回答No.4624-088206
 ポール・オースターの作品には作中作(物語の中に別の物語が出てくる)の手法を用いた作品が多いですね。特にこの作品では三重構造まで出てきます。


0
回答No.4624-088189


推理小説ですが、つい読み返してしまいました。



ちょっと違うかもですが、4人の登場人物の手紙だけで話が進む小説です。
(本文はなくひたすら手紙の文面だけ)
0
回答No.4624-087058
村上春樹さんの『世界の終りとハード・ボイルドワンダーランド』。僕は村上春樹作品では一番好きですね。

2
回答No.4624-086727
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2018年01月02日
二重構造というか三重構造以上になっていると思います。
入れ子型の物語と言ったらこの本だと思います。







0
回答No.4624-086177
全57件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする