書店や本にまつわるお勧めの作品教えてください。

  • [回答締め切りました]
  • 未回答
  • 回答数 26件
  • おすすめ教えて
昨年「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズを読んでから、書店や本そのものにをテーマにした作品に興味を持っています。

おすすすめの作品がとかありましたら教えてください。
質問No.4670
みんなの回答・返信

「本をめぐる物語」文字通り、本をめぐるお話のアンソロジーです。
短編ですが、いろいろなお話を読めて、どれも面白いです。


0
回答No.4670-086677
コメント 1件
こうして皆さんの紹介してくださるものみていると、」本にまつわる話の本ってほんとにたくさんありますね。短編は気軽に読めるので私は好きです。

本にまつわる妄想が溢れた本好きにはたまらないほのぼのとした一冊。
「読書履歴捜査官」の話は個人的にオススメ。
1
回答No.4670-083280

本屋稼業

波多野聖 / 角川春樹事務所 / 2016年1月29日


かの有名な紀伊国屋の創業者と、その右腕として辣腕を振るった男の物語。紀伊国屋がどのようにして発展していったか興味深い作品です。
0
回答No.4670-083267
ミステリーです。面白かったですよ。

0
回答No.4670-083102
こちらがオススメです。

これから先、自分にはどんな本との出会いが待っているのだろう?どんな本に呼ばれるのだろう?と読み終わった後、ワクワクした気分になった一冊です。
短編なので空いた短い時間でちょこちょこ読めるというのも嬉しい。
1
回答No.4670-083100
コメント 1件
わたしもこの作品結構前になりますが読みました。
角田光代作品に結構陶酔していた時期があり、「八日目の蝉」「森に眠る魚」や「さがしもの」と同じ短編集である「魔女のこんだて帖」なども読みました」。ドロドロとしたものものを表現するのに独特の感性を持った作家さんだと思います。

これはぜひ!本が好きな人にはたまらない作品です。本屋の偏屈な店主が店先に置いていかれた子供を養子にすることで変わっていくお話。本への愛に溢れた一冊です!2016年本屋大賞翻訳小説部門第一位。
0
回答No.4670-081768
コメント 1件
ありがとうございます。コメントを読ませていただいて気になりましたので是非読んでみたいと思います。
不思議な世界観のマンガ。

0
回答No.4670-081627
コメント 1件
ありがとうございます。
表紙を見ただけでなんとなく不思議な感じがしますね。
メジャーすぎるかもしれませんが。

図書館戦争シリーズ 文庫 全6巻完結セット (角川文庫)

有川浩 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2011年9月8日

0
回答No.4670-081349
コメント 1件
たしか映画にもなっていますよね。


古書店主のおじいちゃんと孫が出会う事件を描いた短編集。
売り物の古書が面白い形で鍵になっています。
2
回答No.4670-050619
コメント 1件
宮部みゆきさんの作品ですか・・・かなりミステリー性が強いのかな。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2013年01月21日
病的な古書マニアにまつわるSFっぽい連作。

紹介済みの紀田順一郎の「古本屋探偵」や梶山季之の「せどり伯爵」やこれのほうがビブリオより100倍面白いです。
(回答削除しないでくださいね!)
2
回答No.4670-050565
全26件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする