思い出に残る児童文学ってありますか?

『小学校の時の教科書で読んだ』
『昔、家族に読んでもらって気に入った』
などお気に入りの絵本や児童文学があったら教えて下さい。

私の場合は小学校の教科書で読んだあまんきみこさんの「白いぼうし」です☆
物語に出てくる鮮やかで優しい夏蜜柑の描写がずっと頭の中にひっかかっていて、20歳を過ぎても忘れられずにとうとう購入しました(^-^;)
  • 投稿日時 : 2010-11-20 13:20:38
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
かたあしだちょうのエルフ

シナの五にんきょうだい


学校か図書館で出会ったか、記憶は曖昧ですが、衝撃を受けた絵本たちです。
  • 回答No.471-055281
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-05-02 15:32:03
2
確か、アニメ化もしたような気がします。
教科書で読みました。今考えても変なおじさんだと思います。
0
ずっと忘れられないのは、「ねこにかかったでんわ」です。
小学校に入学した時、学校の図書館で初めて自分で選んで借りたからか、印象に残っています。
でも古いからか、検索しても出て来なくてざんねん。。
  • 回答No.471-053352
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-03-21 00:37:20
0
「この本好き!」と初めて認識した本が↓


可愛くて楽しくて、いい思い出しか無い物語です。

何故か強く印象に残っているのが↓


こちらは短編集ですが、子供時代と今では好きな作品が変わっていて、自分の心境の変化がわかる楽しさがあります。
1
1番始めに好きになった本は「北極のムーシカミーシカ」でした。
今でも大好きな本です。
同作者の「 トビウオのぼうやはびょうきです」もすごく印象に残ってます。
当時はただ可哀想だと思ってましたが 、大きくなってどういう状況なのかが分かるとあの時は感じなかった悲しさを覚えます。
0
『ぶきっちょアンナのおくりもの』。目が悪く不器用で頑なな性格のため、兄姉の中でも浮いていたアンナが、信頼出来る先生や友達と出会って成長していく物語です。他の子が簡単に出来る事が上手く出来なかったり、人の中に溶けこめなかったりする様子がとてもリアルに描かれています。今は絶版みたいですが…図書館にはあるのかな?
1


小学生のころに教科書で読んで以来ずっと大好きです。暖かくなる絵本です。
3
「ぼくは王様」シリーズ


絵柄が可愛くて好きで、良く読んでいました。
1
「学校一のいたずらっ子エリザベス」
というタイトルの本です。
児童書だとは思いますが、分厚くて大きな本で、読み終わったときものすごく達成感があったのは覚えています。

とんでもないいたずらっ子のエリザベスが、学校に行ってだんだんといい子になっていく過程がとても好きでした。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-14 20:19:04
懐かしい!
そのシリーズだと「おちゃめなふたご」も好きだったなあ。
1
『くるまのいろはそらのいろ』ですね。懐かしいなあ。


図書室で何回も読み返しました。
今でもふと読みたくなります。
ラストシーンの美しさといったら…。


絵がとにかく美しい。
貪るように眺めてました(笑)
今でも彼の美術館に行くのが夢です。
全48件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする