死生学について学べる本を教えて下さい。

こんにちは。

先日この本を読んで死生観をもつことを考えました。
「アメリカのほとんどの大学で、一般教養科目のなかに、死への準備教育(デス・エディケーション)に関する講座が有ります」とかいてあり、自分の行っている大学では受講が出来ないので、本から若いうちに死生学を学びたいと思いました。

死ぬまでの数ヶ月をどう生きるかといった生き方が書いてある本が知りたいです。(死について学ぶ、人間らしく死ぬことなど)
医療に従事する人向け、でも一般向けでもかまいません。海外のものでも大丈夫です。

自分は無宗教なので、どっぷり宗教的な本はなしでお願いします。
  • 投稿日時 : 2013-02-08 16:12:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4792-051453
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-02-08 20:23:01
どちらも大変有名なものですが。


かつて大学の死生学の講義で扱いました。
10年以上経った今でも、時折思い出す本です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-08 20:31:21
モリー先生との火曜日、映画もありますね。

モリー先生との火曜日 [DVD]

ミック・ジャクソン / ハピネット・ピクチャーズ / 2003年4月24日

  • tangozeroさん tangozero さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-08 20:58:53
キューブラロスの本は私も学生時代に出会い感銘を受けました。「否認」「怒り」「取引」「抑うつ」そして「受容」という死を受ける5段階の考え方は、なるほどと思いました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-09 11:59:34
質問者です
どちらも有名な名作ということで読んでみたいと思います。映画もレンタル出来れば観たいです。
みなさん、学生時代に死生観を考えたりするんですね。私も長い時間をかけて考えていきたいです。
ありがとうございました

 博物学者で濫読家でもある著者が、その広大な知識を以って社会学・医学・心理学・精神医学・宗教学・哲学・生物学の各視点から【死】を解説した、より良く生きるため・より良く死ぬためのヒントが満載。
 当事者や遺族に得になる話もあり、死ぬ前に一度は読んでおきたい好著、かと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-09 11:53:15
質問者です。
ありがとうございます。心理学、精神医学など色んな視点から死生学を考えるっていいですね。読んでみます!
全2件中 1 - 2件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする