白乙一さんのおすすめを教えてください

失はれる物語でぐっと来て、百瀬、こっちを向いてで完全に落とされました(名義は違いますが)
乙一さんをもっと読みたいのですが、黒いほうはまだ読む勇気が持てません

白いほうでお勧めを教えてください!
上述の2冊しかまだ読んでいません。

また、初心者向け?の黒いほうもありましたら教えてほしいです!
  • 投稿日時 : 2013-02-12 01:20:26
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
『暗いところで待ち合わせ』、好きですが、ホワイトならこちら。



「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。とアマゾンの照会文にありますが、どの作品も一般公募の所謂「ボツネタ」が基盤となっているのです。
著書を既に2冊読まれたのなら、少し違うなと思うところ、発見があるかもしれません。
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-21 21:47:38
ありがとうございます

そのアイデアがまずおもしろいですね!
読んでみたいです!
0
GOTHでしょうか。



個人的にですが好きです。薄くて読みやすいかと。ただちょっと怖いかなw
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-19 14:34:59
ごめんなさい、横から失礼します。
GOTHは面白いですが、けっこうガチガチな黒乙一さんじゃないでしょうか??私はかなり怖かった覚えがあります。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-19 18:08:19
別の名無しです。
他の名無し様が仰るように、「GOTH」は黒乙一の代表作ではないでしょうか。初心者の方にはオススメするべきではないですよ。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-19 18:35:48
質問主さんが「グロに抵抗ある」と書いているのに・・・
  • nonsistさん nonsist さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-19 19:30:00
すみません、個人的におすすめというか、こんな作品もあるよ、という感じでご紹介いたしました。
黒乙一に慣れましたら挑戦してみてくださいね。
私個人としてはくせになると思っております。
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-21 21:45:43
ありがとうございます!
GOTHは代表作なので、いずれ読みたいです!
0


乙一さんの作品は、してやられた感が最高ですよね!上記の収録内では〈三角形はこわさないでおく〉が好きです。

あたしはデビュー作「夏と花火と私の死体」から読み始め、ハマりました。
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-15 23:41:55
短編集ですか?
さくさくっと読めるのに深いので好きなんです!

ありがとうございます!
0
百瀬、こっちを向いてを読まれたなら




やはりこれを!合唱のお話です。ぐっときます。
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-15 23:41:12
ありがとうございます!

音楽をかじっているもので気になります!読みます!
0
  • 椎奈さん 椎奈 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-13 11:50:42
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-13 12:18:27
ありがとうございます

短編が再収録されたものが失はれる~でしたよね

読んでみます!ありがとうございます!
  • 回答No.4812-051663
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-02-12 23:19:14
0
暗い所で待ち合わせ、はグロくなくて読みやすいかと。
雰囲気はしあわせは子猫のかたち、に少し似てる。
  • なさん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-02-13 12:20:58
しあわせは子猫のかたち、大好きなので読んでみます!

想像力たくましいのでグロ系はまだ抵抗があります(笑)

ありがとうございます!
全6件中 1 - 6件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする