香川県が舞台の小説

近々、旅行で香川県に行きます。
瀬戸内芸術祭に合わせて、
高松を拠点に小豆島、琴平まで足を延ばそうと考えています。

そこで、香川(特に小豆島や琴平)を舞台にした小説を
ご存じでしたら教えて頂けないでしょうか。

行く先を舞台にした小説を読み、
イメージを膨らませて、旅行するのが好きです。

今思いついているのは、
森鷗外『金毘羅』→琴平
壺井栄『二十四の瞳』→小豆島
角田光代『八日目の蝉』→小豆島
です。

他にあれば、ぜひお願いします。
  • 投稿日時 : 2013-03-12 00:08:32
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4922-052952
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-03-13 19:05:55
「香川県 小説」で検索してみたら、こんなのを見つけました。

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000028211

  • ひよこさん ひよこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-15 18:24:14
ありがとうございます!
この中からいくつか選んで読もうと思います。
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする