記念すべき1000冊目の本!

  • [回答締め切りました]
  • 質問No.4962
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : おすすめ教えて
高校の頃からつけている読書記録が、来月4月にめでたく6周年を迎えます。
そして同時にあと9冊で通算1000冊に到達します。
999冊目は『銀河鉄道の夜』、1001冊目は『千夜一夜物語』と、タイトルと数字を関連づけて読むつもりなのですが…
肝心の1000冊目を決めかねています。
キリがいいので今月中に1000冊まで読み終えてしまいたいのですが、手頃な本はないでしょうか?
時間の関係であまり長くないもの、シリーズの途中でないものを探しています。
これぞというものがありましたらご一報くださいo(_ _*)o

(付け足し)
回答していただいた皆さま、ありがとうございました!
現在お二人の方からお勧めしていただいた『千年の愉楽』を読んでいます(^^*)
  • 投稿日時 : 2013-03-20 23:14:30
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4962-053380
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-03-21 20:06:35
0


こちらはいかがでしょう?
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-22 19:30:04
質問者の名無しです。
早速の回答ありがとうございます!

初の女性作家の作品ですね。
自分では雑食なつもりでも、やや女性が書いた文章を好む傾向にあるようなので、候補の一つとして教えていただき嬉しい限りです。
ありがとうございました、是非参考にさせていただきます!
1

江戸時代、隠れキリシタンたちが千年王国を夢見て暗躍する伝奇小説。


こちらは1001ですが・・・

あと、↓で既に紹介されてる「千年の愉楽」、私もおすすめです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-21 12:45:17
質問者の名無しです。
早速の回答ありがとうございます!

『至極千年』は岩波さんですか!
新たなスタートを切るには相応しい感じがしてとても気に入りました。
それに奥の深そうな作品ですね。
1001冊目の候補も興味深いです。
島本理生さんの『一千一秒の日々』が既読だったので、惜しいことをしたなぁ…と思っていたのですが、似たようなタイトルの本があったとは驚きです。
ありがとうございまし
1
ゼロ戦(せん)に乗った戦(せん)闘機乗りの話

松本清張の名作「点と線(せん)」

SFの名作

好みも既読もわからないので、・・・。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-21 12:34:49
質問者の名無しです。
早速の回答ありがとうございます!

「千」の字にこだわらない自由なチョイスですね!
これをOPACで調べるとヒット件数が膨大になるので自分では嫌煙していました。
ですから今回オススメをピックアップしていただき大変助かりました。
だけど最後の候補は…やっぱり百億冊目に読むべき?笑
何はともあれありがとうございました、是非参考にさせていただきます!
  • nakaizawaさん nakaizawa さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-21 13:16:41
コメントありがとうございます。
「千」がついた本を思い出したので追加しておきます。

  • 回答No.4962-053350
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-03-20 23:50:44
1
1000冊おめでとうございます。
中上健次の千の愉楽はいかがでしょうか。濃厚で圧倒的な文学の力を実感する中上健次の中でも最高峰の作品。短篇の連作なので読みやすいです。読んだことがなかったらこれを機会にぜひ。映画も公開されます。

  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-21 12:29:35
質問者の名無しです。
早速の回答ありがとうございます!

中上さんの作品は授業でちらっと読んだことがあるだけですが…なるほど、短編連作ですか。
読みやすさも重視していただけて大変助かりました。
ありがとうございました、是非参考にさせていただきます!
全4件中 1 - 4件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする