国語(現代文)は数学的だと解説した参考書

昔、大学受験の時に読んだ本です。
多分、参考書のカテゴリーだと思います。
かなり古いです(元々兄の蔵書で、兄は今年38歳)
表紙は、おそらく赤地で黒文字だったと思いますが、
定かではありません(´・ω・`)

・数学と同じように国語にも方程式がある。方程式どおりに解けばいい。

という理論をひたすら解説した内容でした。

この本、もしくはこの本と似た内容の参考書をご存知の方がいらしたら、教えていただきたいです。

友達の弟が、現代文だけが致命的に苦手なので、この論理の本を渡してあげたいのです。




  • 投稿日時 : 2013-03-28 01:12:11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4989-053707
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-03-28 03:15:29
0
参考書ではないのですが・・・


パスティーシュで短篇ですけど。
  • りるさん りる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-03-28 19:29:01
参考書のパロってことですかねwおもしろいですね!
世の中にはいろんな種類の本がありますねえ。
自分用に取り寄せてみたいとおもいます。

回答ありがとうございますー。
全1件中 1 - 1件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする