原作ファンのみなさん、ドラマ・空飛ぶ広報室について語りましょう!

空飛ぶ広報室のドラマ始まりましたね!!!

原作ファンのみなさんの、ドラマの感想を知りたいです・・・!


というのも、実はまだ原作を読んでいなくて、
ドラマがとても良いのなら、先に原作を読もうか、
原作とかけ離れてるなら、がっかりしたくないので、読まないでおこうかな~と迷っておりまして・・・。

私はガッキー可愛いなというのと、柴田恭兵!?にちょっとびっくりしました。
  • 投稿日時 : 2013-04-15 08:42:57
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.5048-058367
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-07-02 14:01:37
水野美紀さんは有川先生の作品の女性像にぴったりくるなと思いました(あくまで私が思っているだけです)さばさばした雰囲気が。

槇がイケメン俳優でなかった事も、彼の純朴さを出しているみたいで好感が持てました。
ドラマのキャストはすごく爽やかで皆さん役にぴったりだなぁと思いました。
綾野剛さんはいい意味で弾けすぎていないので、「一度は夢にやぶれた自衛官」らしかったし、新垣ゆいさんは見た目かわいいけどガツガツ仕事する感じが自然に出ていると思いました(*^^*)
ドラマを見てから原作を読まれても、
そこまで世界観が崩れることなく楽しめるのではないかと思います♪
ドラマを見て、原作購入しました。読みながら、「空の中」や「クジラの彼」や「ラブコメ今昔」を思い出しましたね。ドラマでは広報室とマスコミとのバランスがいいと思います。やっぱり空井君のキャラが光ります。原作ではあまり描かなかったリカさんが前面に出て良かったと思います。
最終回観ました。
原作と違う「あの日の松島」だったけれど、番組構成がきちんとできていてもともとの良さも消さず、映像化だけを見た人にも納得させ、感動させる最終回でした。一緒に涙しました。
自衛隊の方々、本当にありがとう。二年と三カ月たってしまってけれど、あの時の記憶は風化させてはいけないものだと思いました。
  • 回答No.5048-057989
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-06-24 01:51:43
ドラマを見て、もう一度リピート。
そして原作の『あの日の松島』を見る。
うぁ〜キュンキュンしますね(≧∇≦)
原作のイメージを壊さず、かつあのラストにはやられました‼
久々にドラマにハマりました。
ハラハラどきどき、毎週日曜日が楽しみでしたが…。そうか、来週からもう見れない。そう思うと少し寂しいかな。
最終回観ました!!
原作も面白かったけど、ドラマもドラマでとても良い作品になっていたと思います!
原作者の有川先生、俳優の方々、ドラマ関係者、本物の自衛隊の皆さん全ての力でこんな良い作品になったんだと思います。
楽しい数ヶ月をありがとうございましたm(_ _)m
いよいよ来週、最終回を迎えますね。
私が号泣した、「あの日の松島」をどうゆうふうに描いてくれるか、とても楽しみです。
原作ファンの心もギュッと掴むドラマの最終回!
来週が待ち遠しいです(o^^o)
ドラマ化されると聞いて、ドラマが始まる前に原作を読みました。
ドラマを観るまでは自分がイメージしていたキャラクターと俳優さんがしっくりこないと思ったけれど、実際にドラマを観ると結構ハマってるなぁと思いました。
特に綾野剛がかわいくて大好きになってしまいました。
初めまして。
私も原作『空飛ぶ広報室』が好きなので、回答をさせていただきます。

ドラマの脚本を担当されている野木亜紀子さんは、原作のイメージを大切にして脚本を執筆されています。
なので、ドラマのオリジナルストーリーやオリジナルキャラクターが出演しても、面白味が増して、非常に楽しいドラマです♪
登場人物の動かし方は、原作と同じように描かれていると思います。

勿論、原作も面白いですよ~(^^♪
 私も原作至上主義ですが、このドラマはとてもいい配役だと思いました。はじめ室長が柴田さんと聞き、見た目がかっこよすぎではと思いましたが、ドラマの中でのはじけっぷりが原作そのままと思いました。
 原作では空井くんが主人公でしたが、ドラマの主人公の稲葉リカのいやな部分も、ガッキーだから許されている気がします。
全16件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする