オーストリア、特にウィーン関連の作品を教えてください

秋にウィーンに旅行しようと思っています。
ウィーンを舞台にした作品、またはオーストリアの歴史や文化に触れられるような読み物のおすすめがあったらぜひ教えてください。




アマデウス [DVD]

ミロス・フォアマン / ワーナー・ホーム・ビデオ / 2010年4月21日


今まで読んだ・見たものの中ではこんな感じが思い浮かびます。
  • 投稿日時 : 2013-07-18 12:23:29
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

ラノベっぽいですが著者はヨーロッパ史に造詣の深い方なので、楽しめるかと。


クリムト デラックス版 [DVD]

ラウル・ルイス / ジェネオン エンタテインメント / 2007年4月25日

画家」クリムトの一生。エリザベートの肖像画がちょっとだけ映ります。
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-21 10:09:22
ありがとうございます。
お、「カラマーゾフの妹」が話題の高野文緒さんですね。
教養新書も読みやすそうです。
伝記映画割と好きなんですが、クリムトの映画があるのは知りませんでした。レビューで皆さんが「シーレ激似」って書いているのも気になります(笑)
1

正確には、ドナウ川沿いの国々を辿る物語なので、ウィーンだけではないのですが。読み応えあり。
ロードノベル好きの方ならオススメです。
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-20 00:44:19
ありがとうございます。
ロードノベル大好きです。
人気のある作品ですよね。読んでみます。
0
エゴン・シーレを題材にした小説

ウィーンはモーツァルトよりシューベルトの街という気がします

ちょっと変わったところでは

なんてのもあります.
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-20 00:41:53
ありがとうございます。
「モーツァルトよりシューベルト」、行ったこともないのになんですが、何となく分かる気がします。
シーレもそうですが、ウィーンには美しいけれど何か死を思わせるものがあるようなイメージがあります。
ウィーン愛憎はユニークな本(というか著者)のようですね。興味津々です。
  • 回答No.5333-059150
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-07-19 22:12:38
1

シュニッツラーは舞台がウィーンが多いはずです。『夢物語』はトム・クルーズとニコール・キッドマンが主演の「アイズ・ワイド・シャット」の元になった作品だったことに今検索して知りました(苦笑)。

『輪舞』は「ブルー・ルーム」というタイトルでデヴィッド・ルヴォー演出で内野聖陽さんと秋山菜津子さんが演じた二人芝居の元ネタです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-19 22:13:54

これもいかがでしょう?一応ウィーンもオーストリアも入っています(笑)。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-19 22:29:18

本棚を拝見させていただきましたので、間違いなく漫画は読まれない方だとは思うのですが、実は私はこれを読んでいたため、ウィーンに旅行に行った際に足を延ばしてメルクの修道院まで行ってしまったという実績があります(苦笑)。これを読まなかったら、絶対に行っていなかったと思います。という訳で一応ご紹介だけさせていただきます。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-19 22:39:49
これもベタですが、

クーデンホーフ光子の手記 (河出文庫)

シュミット村木 眞寿美 / 河出書房新社 / 2010年8月4日


(大和和紀さんの漫画で『レディー・ミツコ』ってあったなと思いだした漫画つながり・・・(苦笑))
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-20 00:30:44
沢山ありがとうございます!

アイズ・ワイド・シャットが公開されるとき、映画みるより原作の方が面白そうかな…なんて思ったもののその後すっかり忘れていました。
ベートヴェン、たしかに。正直ロランもさっぱり読んでないので、よい機会かもしれないです。
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-20 00:31:49
漫画読みますよ(^^)最近は連載中のものを追いかける元気がないのであまり読まなくなりましたが、大人買いできる完結した作品なら楽しめそうです。
ミツコさんにも、実は旦那の伯爵にもちょっと興味あります。清張が取り上げていたとは知りませんでした
沢山あって楽しみです~。
  • 回答No.5333-059113
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-07-19 01:03:01
1

ベタなところではやっぱりこれですが、



などはいかがでしょう?これはマリア・テレジア時代のお話です。

  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-19 08:38:43
ありがとうございます。
やっぱりウィーンといえばシシィは外せないんですが、実はそれ以外も読みたいなあと思っていました。
藤本ひとみさんは長年気になりつつ読んだことがなかった作家さんなので、その意味でも楽しみです。
  • 回答No.5333-059097
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-07-18 15:34:38
0


東欧を舞台にした恋愛小説です。ちょっと長いですが。
  • cerisaieさん cerisaie さんのコメント
  • 投稿日時 : 2013-07-18 19:26:29
早速のコメントありがとうございます。
アマゾンのレビューを見てみましたが面白そうですね。
新刊本はなさそうなので、図書館で探してみようと思います。
全6件中 1 - 6件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする