誰にも会いたくない時に

年の瀬へと忙しなく歩を進めながら冷たい風に触れられて、ふと心が深く内へと向かうのを止められないときがあります。

どこにいても、なにをしていても、自分を含めた人間たちとの繋がりからは決して逃れられない。それでもなお、ひとりになりたくなる、誰にも会いたくない、すべての感覚を固く閉じてしまいたい、そんなときがあります。

誰とも顔を合わせたくないとき、誰とも言葉を交わしたくないとき、そんなときにみなさんが読んだり観たり聴いたりする作品を教えて下さい。
  • 投稿日時 : 2013-11-25 20:22:39
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加



廃墟を息子と歩いて南へ向かう父親の話。
町は砂まみれ。人の気配はない。電話は通じない。通じたにしろ答える人はもういない。コーラの缶があった。これを息子に飲ませてやりたかったんだ。南は遠い。早く温かいところに行かないと。ここで冬は越せないだろう。

  • 回答No.5715-063730
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-11-27 00:58:31

人と仲良くしたくないわけじゃなくて、仲良くするための力がなくなってしまったときに、本がボロボロになるまで何度も読みました。
詩歌は読まれますでしょうか?

 空から小鳥が墜ちてくる
 誰もいない所で射殺された一羽の小鳥のために
 野はある

 寸ばかりちひさき絵にも似て見ゆれおもひつめたる秋の東京
 山河みな古き陶器のごとくなるこのふるさとの冬を愛せむ

ご参考になれれば幸いです。
全3件中 1 - 3件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする