古文のプリントで読んだ話。「ゆえにかへとなづくるなり」というフレーズ。

  • 質問No.5848
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : 探してます
中学生の頃、古文のプリントで読んだ話の
出典を探しています。

・寿命を悟った老婆が、枕元に娘の柏(かえ)と
その婿を呼び寄せ、柏という名の由来を
語りはじめる。

・老婆曰く
「松と柏は共に常緑で、縁起のよい木と
されている。しかし松は強い風が吹くと
折れてしまうが、柏は枝がしなやかなので
折れることがない。故に『柏』と名付けたのだ。」

という内容でした。
プリントに載っていたのはここまでで、
まだ前後に文が続いているかもしれません。

中学で習うようなメジャーな本が出典でない事は
確かなのですが…
どうかよろしくお願いします。

  • 投稿日時 : 2014-01-23 23:15:19
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする