森見登美彦さん

森見登美彦さんの数ある名作の中で
いちばん阿呆で魅力的な本は
なんだと思いますか?

私は
「四畳半神話大系」
「夜は短し歩けよ乙女」
の2作品です!!!

森見登美彦さんファンの方!
あの阿呆な人々が大好きな方!!
ぜひぜひ語りましょう!!!!!
  • 投稿日時 : 2014-01-31 18:56:21
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.5869-065357
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-01-31 20:19:34
0
つい先日、「夜は短し歩けよ乙女」を読み終えました。

実は一度読んだものの挫折してしまいましたが、再び最後まで読んでみると面白かったですね。

「太陽の塔」も読みました。自分の悪い癖で中身をすっ飛ばして最後の結末だけ読んでしまうのですが、そういうこともなく読み終えたことが印象に残ってます。
  • 本の虫さん 本の虫 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-01-31 20:47:08
コメントありがとうございます!
私と全く同じですね(笑)
私も先日、夜は短し歩けよ乙女を読みまして太陽の塔は今日読み終わったんです!

阿呆な感じが大好きなんです(*´w`*)
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする