教養が身に付いた海外文学

ためにならない本はない、というポスターをこの頃よく見かけます。
その上で、皆さんのおすすめをお聞きします。

皆さんが読まれた海外文学の中で、教養が身に付いた、見識が広がった、知識が身に付いた、など、人生においてかけがえのない「何か」を経験した本はありますか?

古典といわれるものでも、現代文学でもいいです。
皆さんのおすすめ、教えてください。
  • 投稿日時 : 2010-12-27 01:10:42
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.590-06161
  • poiさん poi さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-01-23 09:03:04
0


歴史を感じられる作品を読むと、視野が広がった気がします。
0
教養がつくと言えば、やはりトーマス・マンの「魔の山」ですね。長いですけど、読み切る価値はありますよ。

  • 回答No.590-06152
  • この回答は削除されました。
  • 回答No.590-05406
  • この回答は削除されました。
全4件中 1 - 4件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする