鬱病にかかりました

最近、鬱病を発症しました。読書は好きですが、今何を読みたいのか、何を読むべきなのか迷っています。何かきっかけになるような本があれば教えてください。大まかな質問ですみません。
  • 投稿日時 : 2014-06-26 15:48:30
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
『ツレがうつになりまして』はいい本ですよ。
ぜひ周りの方と一緒に読んでほしい本です。

  • 回答No.6175-069149
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-14 21:21:49
3
高校時代に身体症状を伴った躁うつ病でした。周囲の励ましをこれで立ち直らなければ自分の責任だと思うことでよけい体が動きませんでした。最近図書館で、「なんにもしたくない!」という本を見つけました。高校時代は、まさにこうだったんだな、と思いました。人によって違いますが、なんとかしなくては、ここから変わらなくてはと思うことでよけいしんどくなったりします。今のままの自分でほめられるところを探してみては。
0
絵空事のストーリーが空虚に感じ、かえってお疲れになるかもしれません。実用書系は如何でしょう?











何卒、ご自愛くださいませ。
  • 回答No.6175-068891
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-01 12:19:24
2
うつ病で苦しむ人が出てくるものは、病状によってはかなり負担です。

気が楽になる場合もありますが、ひきずられて余計しんどくなったり、文中の人と比べて治癒の経過が遅いように感じて焦ってしまうこともあります。焦りは精神的に消耗するので、あまり自分と比べることのないもの、のんびりマイペースな内容がいいと思います。

私はだいぶ状態が良くなった今でもツレうつは読めません。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-01 12:27:11
続き)ちなみに、私はこういったのを読んでました。


映画「かもめ食堂」の裏話を片桐はいりさんが書かれたもので、女優さんとしても素敵ですが文章も素敵で、他のエッセイも読みました。

読まれるなら、起伏の激しい、ショッキングなストーリーよりも、穏やかなものがいいです。神経が高ぶって眠れなくなったりします。
  • 回答No.6175-068888
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-01 06:14:44
4
私は病気などで弱っているときには、子供の頃に好きだった本を読み返します。既に筋もわかっているし、好きなところだけつまみ読みもできて気も楽です。

また、人の声を聴くのが嫌でなければオーディオブックもいいですよ。既読の作品で面白かったものから選べば、途中ボーっとして多少聞き逃しても大丈夫ですし、誰かに本を読んでもらっている気分になれます。

でもくれぐれも無理されませんよう、ゆっくりして下さいね。
0
オルゴール修復師がオルゴールにまつわる謎を解くミステリです。主人公のオルゴール修復師が鬱病です。

  • 回答No.6175-068874
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-06-30 20:13:30
6
おなじく、経験者です(現在も服薬中)。私事で恐縮ですが、私の場合、本を読まずにいることが苦しかったです。貪るように読んでましたが、今になってみるとそれが負担でした。とにかく心を楽にすることが大事ですので、読みたいときに読みたいものを、好きに読んでいればいいと思います。変に前向きなものを読む必要はありません。未来の事など考える必要もありません。適当に本屋で目についたものを読んでいればいいと思います。
5
経験者です。程度が分からないですが、まずは病気を治すことに専念された方が良いと思います。脱出するために本を読むのは本好き故の発想だと思いますが、頑張りすぎになったり、そうできない自分に焦りを感じたりして症状を悪化させる恐れもあります。まずはお医者様と相談して、生活リズムや気分の浮き沈みの改善し、ある程度活動量が出てきて、楽しむために本を読みたいと思ったら、軽く明るいものから始めて下さい。
  • 回答No.6175-068847
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-06-29 10:49:53
1
人によって、合う合わないがあるようですが、
わたしには、神田橋 條治「精神科養生のコツ 改訂」
という本が、とても良かったです。
『病気』の捉え方が変わりました。
お大事になさってください。
  • 回答No.6175-068843
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-06-29 01:46:32
1
俗に言うリア充の方のエッセイや,そういう方がたくさん載っている雑誌は、どうしてもその人達と自分の今の状態を比較してしまって情けなくなって、自分を追いつめて苦しくなるので、私は旅のエッセイなどを読んでいました。
焦らず、ゆっくりなさって下さいね。


全14件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする