中世ヨーロッパの物語で日本人作家の本。

  • 質問No.6221
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : 探してます
中世ヨーロッパの物語で、王室、戦いがあり、日本人が書いた本を探しています。
ファンタジーではなく、事実にある程度忠実の中にフィクションが含まれた作品知りませんか?
  • 投稿日時 : 2014-07-13 18:10:09
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.6221-069364
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-25 12:25:19





上巻はちょっとめんどくさいんだけど、下巻は面白かったです。
怖いひとと思い込んでたカトリーヌ王妃の人間臭さや
ノストラダムスの食えない爺感が好きでした。
  • 回答No.6221-069312
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-22 21:56:31
ちょっと違うかな


  • 回答No.6221-069307
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-22 15:29:07
佐藤賢一「王妃の離婚」
実際のフランス国王の離婚裁判を小説化した作品
陰謀あり、アクションあり、直木賞受賞作品です。
12世紀末、イタリア、フランス、スペインを舞台にした小説

15世紀末のスペインを舞台にした小説(近世?)

何方も紹介されないので。

週刊モーニングで連載中。若き日のチェーザレ・ボレジア。
衣装、建物、複雑怪奇なイタリアの政治状況。時代考証が凄い。裏にはよほどの歴史学者の協力があるのでしょう。漫画史に平成の名作となる予感がします。
戦いはなかったと思いますが、13世紀イタリアを舞台にしたものです。


  • 回答No.6221-069162
  • andyさん andy さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-07-15 14:49:03
中世か近世か、微妙ですが、エリザベス女王の時代に活躍した、アイルランドの「海賊女王」の話です。




この作者の作品を少女向けのラノベと侮るなかれ。綿密に調べて書かれたことが窺われる描写に上手く虚実混じり合わせたドラマチックな展開、胸躍らせてページを捲ったものです。
塩野七生さんは中世問わずイタリア歴史をメインにたくさん書いてます。ただ、淡々として会話がほとんどない独特の文体なので、好みは別れるかも…。(小説じゃない、という方もいるようです…)
下はイタリア ルネサンス期が舞台です。

  • 回答No.6221-069123
  • この回答は削除されました。
全11件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする