山本周五郎さん好きな方いませんか?

大学生(女)です。最近、山本周五郎さんの全集を読み、はまってしまいました。

ちなみに、今は「鶴は帰りぬ」が一番好きです。
みなさんの好きな作品はなんですか?

山本周五郎さんの著書は最近読み始めたばかりなので、まだまだ知らない作品がたくさんあります。
おすすめがあったら教えてください!
  • 投稿日時 : 2014-07-17 23:25:11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
山本周五郎賞を受賞した作品は
読んでいるのに山本周五郎さんの本は読んだことがなかったので、まず初めに鶴は帰りぬ読んでみようと思いました。
  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-12-24 12:36:38
あかねさん、コメントありがとうございます。私は逆に山本周五郎賞作品を読んだことがないです!何かおすすめあったら教えてください(^o^)
0
「青べか」「季節のない街」はぜひ若いうちに一度読んでおくべきと思います。たぶん、年をとるごとに何度も手に取りたくなるのでは。
「つゆのひぬま」もいいです。私もアラフィフの最近になってしみじみ山周に涙してしまうことが多くなりました。もし、「青べか」古い文庫で開高健の解説あったら、是非読んで下さい。素敵です。
  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-09-10 01:06:59
しまねこさん、ご回答ありがとうございます!
「季節のない街」、最近読み感動しました。映画も良い味を出していて好きです。
「青べか」はずっと気になっているのですが、まだ読めていないです。しまねこさんの、ぜひ若いうちに、という言葉を拝見して、ぜひ大学生のうちに読みたいと思いました。開高健さんの解説があるものを探してみます!
「つぬのひぬま」、素敵な題名ですね。早く読みたいです。ありがとうございます!
  • 回答No.6229-070179
  • この回答は削除されました。
1



赤ひげ、樅ノ木、長い坂など名作と呼ばれる作品は多いですが、個人的には短編の時代小説が好きです。
下級武士が主人公、生活のため女郎に売られてしまう話などが強く印象に残ります。
底辺に生きる人々を描いた作品が、特にお勧めです。
ただ、作品名があまりにも多すぎるのでよく覚えていません ^^

  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-22 23:39:12
ゆきのすけさん、ご回答ありがとうございます。
下級武士が主人公、生活のため女郎に売られてしまう話、是非読んでみたいです。探してみます!
山本周五郎作品で武士が出てくる短編といえば、最近は「失蝶記」が深く印象に残りました。
赤ひげ診療譚も読んでみようと思います。ありがとうございます。
2
この二つしか読んだことないんですが、良かったです。


「樅の木~」は私には少し難しく、それでも感動したので、そのうちまた読み返したいです。
他のみなさんのも参考にさせていただきます♫
  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-22 23:33:26
booooklynさん、ご回答ありがとうございます!
樅ノ木は残った 、題名がかっこいいですね!気になります。さっそく読んでみようと思います。
0
特に周五郎が好きというのではないのですが、読んだ中では

が好きです。
あと、未読ですが、黒沢映画の原作となった

は、いつか読んでみたいと思っています。
映画はこちら

  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-21 22:21:55
johnnycakeさん、ご回答ありがとうございます。
青べか物語、題名だけ聞いたことがあって気になってました!さっそく読んでみようと思います。

「どですかでん」も題名だけしか知らなかったのですが、原作が山本周五郎さんなんですね!まずは原作から楽しもうと思います(^o^)
ありがとうございます。
1
「柳橋物語」ですね。

人間としての切なさ、はかなさ、愛おしさを味わえる作品です。

幸太のような男性にはなかなか出会えないような気がします。こんな男の優しさもあるんですね。・・・

山周の真骨頂ってところです!





  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-21 13:48:44
bdshirtさん、ご回答ありがとうございます!
山周の真骨頂!これは読まなければ、と思いました。

まだ山本周五郎作品は少ししか読めていないのですが、山本周五郎さんの作品に出てくる男性はすてきな人間性を持った人が多いですね。現実にいたら惚れてしまいます(笑)

柳橋物語、さっそく読んでみたいと思います。ありがとうございます。
0
「あだこ」

人生を投げた男と、チャレンジャーなあだこの話。
なんだかよくらないけれど、笑う門には福来そう。
「おたふく物語」、「わたくしです物語」、「しゅるしゅる」も同上の理由で大好きです。


  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-19 20:08:17
kei Mさん、ご回答ありがとうございます!
「あだこ」、とても面白そうですね。さっそく読んでみたいと思います!kei Mさんの本棚を拝見させていただいたのですが、洋書をはじめ、いろいろなジャンルの本をお読みになっていてすごいと思いました。フォローさせていただきます!
  • kei Mさん kei M さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-20 14:18:18
フォローありがとうございます。山本周五郎の短篇集は武家物も町人物も混ざっているので私も大好きです。古書を集める「ひやめし物語」や人情モノ「裏の木戸はあいている」、「紅梅月毛」のとことこも捨てられない~。

Syouyouyuuさんもいろんな作品と出会えますように。
  • むーんさん むーん さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-07-21 13:33:33
kei Mさん、ありがとうございます。たくさん紹介してくださりありがとうございます!たくさんお読みになっていてすごいですね!さっそく図書館に行って借りてきます(^o^)

大学生活もあと少しなので、時間のある今のうちにいろいろな本を読みたいと思います。ありがとうございます!
全8件中 1 - 8件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする