ブクログ談話室

奇妙な、本との話

    未回答
  • 回答数 3件
  • 雑談
  • 名無しさん

    名無しさん

    2014年08月15日
夏休みの真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。

お盆ですので、不思議または怖いとまではいかなくとも奇妙なお話(本がらみ)などありましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか。
(実話に限らず)よろしくお願いします。

私の場合、
子供のころ、おばさんに『怪談』の本をプレゼントでもらったのだけど、部屋に置いとくと夜じゅうたんの上を誰かがサワッ、サワッと歩いてベットまで近づいてくる音が聞える(気がした)ので、物置に入れてしまったことがあります。ちなみに、「耳なし芳一」が一番怖かったです。


質問No.6270
みんなの回答・返信

  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年08月15日
中学時代に辛くて誰にも助けを求められなかった時に、自分の悩みとは全然関係ない小説を買ったら、その話に思考を変えるヒントがあった!それを元に悩みと戦ったら、気持ちも軽くなったし、良い方向へ進んだ!

それ以来、困った時に何となく手に取った本に、元気になれるor解決へのヒントが載っている!
ご質問の意図とはややズレてますが、これも本の奇妙な話(出会い?)ですよね?
3
回答No.6270-069716
コメント 3件
名無しさん 名無しさん 2014/08/15
不思議なお話ありがとうございます。そういうこと、時々ありますよね。なにかに導かれたかのように手にとってみたらあったというような。誰にも助けを求められない状況でも、本は助けてくれた。本に愛されてますね。

奇妙でしかもいいお話ありがとうございました。
(欲を言わせてもらうなら、小説のタイトルも教えて欲しかったなあ…)
名無しさん 名無しさん 2014/08/16
辺コメありがとうございます!
本当に本に愛されてたなら嬉しいなぁ(*´ω`*)

回答した本はこれです♪
名無しさん 名無しさん 2014/08/16
うわー、ありがとうございます。

どんな本だろうとすごく気になっていたので、教えてもらって嬉しいです。私も読んでみようと思います。
 大学生の、あれは、秋頃だったか。

 零時に閉店するバイト先から帰ってきたのだが、帰ったばかりで目が冴えている。
 明日の午前に出る講義はない。せっかくなので、衝動買いした怪談本を一晩で読破してみようと思い立った。
2
回答No.6270-069726
コメント 5件
J.Smithさん J.Smithさん 2014/08/15
 半分を読み終えたが、変な出来事はない。読み進める。

 七十五話まで読み終えたところで、

 みしり。     みしり。

 天井から、軋む音がしていることに気付いた。
 築二十年以上の古い家だ、家鳴りぐらいあるだろう、と思って気にせずに読み進めた。

 八十話まで読み終えて、あれ、と思った。

 ページを捲るたびに、天井から音がしてないか?

 天井の音を意識しながら読み進めてみた。
J.Smithさん J.Smithさん 2014/08/15
   ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。
   ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。ぺらり。みしり。

 確かに、ページを捲るたびに、天井から軋む音が聞こえる。

 ああ、これは一晩に読み終えるな、ということだな。

 そう判断して、きりのいい八十九話まで読み終えると、布団に入った。

 残りの十話は、翌日、読み終えた。
J.Smithさん J.Smithさん 2014/08/15
 翌年、懲りずに怪談本の一気読破を試みました。詳細は当方のウェブログに記載していますが、こちらに転載しましょうか?
名無しさん 名無しさん 2014/08/15
こわいですね。つづきが気になります。
ブログはFC2ですよね。(違ったらごめんなさい)記事の日付を教えていただけばありがたいです。

ひしひしと迫ってくる怖いお話、ありがとうございます。
J.Smithさん J.Smithさん 2014/08/15
 日付は2009/08ですが、日付で探すよりもカテゴリから探した方が早いです。現在の件数が10件と少ないので。
 カテゴリ名は「『怪話』(実話怪談偏)」です。ウェブサイトはプロフィールからどうぞ♪
怖いというより、不思議だった体験談。


これは、読んでいる最中にあった話ですが。
本の終盤…エピローグから読み終わるまで、外から「お鈴」のような音が聞こえていて、リンリン、リン、リンと不定期にずっと鳴っていました。
2
回答No.6270-069730
コメント 3件
ina96さん ina96さん 2014/08/15
まるで子供がいたずらでもしているようなリズムに、おやおやいたずらしてるのかなーと思いつつ、本を読み終えました。
涙と鼻水でぐしゃぐしゃです。自分もたくさんのご遺体と関わった気持ちでした。本に手を合わせ、ご冥福を祈らせていただきました。
顔を上げたとたん、お鈴の音は止まりました。

それきり、聞こえてきません。
ina96さん ina96さん 2014/08/15
長年ここに住んでいますが、外からお鈴の音が聞こえるのは初めてなんです。
あの音、どこから聞こえていたんでしょうね。

そういう偶然も含めて、記憶に残る本となりました。

ーーーーー

自分のレビューから、自身の体験談部分をコピペしました。
引っ越していませんが、あれからもリンの音はまったく聞こえてきません。
名無しさん 名無しさん 2014/08/15
不思議ですね。実際に誰かが鳴らしていたのではなく、別の世界からの自分だけに聞える音というかメッセージだったのか…
この本、初めて知りました。震災直後に噂で遺体の悲惨な状況を聞いて知っているので、ちょっとページをめくるのが辛くなりそうな本ですが、いつか読んでみたいです。
不思議な体験談、ありがとうございます。
全3件中 1 - 3件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする