さくっと読める古典文学

わかりやすい言葉の現代語訳や堅苦しくない小説になったもの、現代でも楽しめるような奇抜な設定の古典を探しています。
出来れば文庫などで手に入りやすいものが嬉しいです。


  • 投稿日時 : 2014-10-15 17:46:12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
  • nakaizawaさん nakaizawa さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-10-23 08:53:55
こちらも参考にしてください。
http://booklog.jp/q/5119
1

新編 百物語 (河出文庫)

志村 有弘 / 河出書房新社 / 2005年7月5日


 平安~江戸時代までの古典や日記物から厳選された怪談・奇談を読みやすい現代語にして収録。読んだことがあると思ったら、これが原典かも?
0

解説やコラムがあり理解しやすいですし、日本語訳も分かりやすいです。このシリーズの枕草子や伊勢物語も好きです。
これはちょっと堅苦しい…ということなら、こんなのはいかがでしょう。


  • matsu-koさん matsu-ko さんのコメント
  • 投稿日時 : 2014-10-16 23:46:45
追記

古典を読むという意味ではかなり遠回りですが、古典がベースになっている小説や物語もありますよね。

児童書のファンタジーですが、これも古事記がベースになっています。


ご参考までに。
全3件中 1 - 3件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする