ブクログ談話室

電子書籍に賛成?反対?

    未回答
  • 回答数 55件
  • 雑談
皆さんは電子書籍に賛成ですか?反対ですか?

「kindle」や「i-books」などで話題の電子書籍ですが
本は本で読むべきだ、という意見や
一生分の本棚が持ち歩ける利便性には叶わない
などなど様々な意見があると思います。

私自身は大学生という立場上、
通学中は利便性を重視し、スマホのアプリを利用して
本を読むということが多々あります。
しかし、本は本で読みたいという意見にも
強く共感するものがあります。

いくらページをめくる感覚が再現されたとしても
やはり紙をめくる感覚、質感、インクの匂いは
タブレットには出せないと思うのです。

長くなりましたが、皆さんの電子書籍への感じ方、
賛成か反対か、本の今後はどうなるのかという予測、
お聞かせいただければ幸いです。

本を愛する皆さんからの生の声を
お待ちしてます
質問No.6395
みんなの回答・返信

本が汚れるのが嫌なのと、場所を取らない、この二点が理由で電子書籍を購入しています。
紙の本の方が発売日が早い、あるいは紙でしか発売しない、そういう場合には紙の本を購入しています。
百年後には、紙の本は高価な嗜好品になるのではないでしょうか。電子書籍も、媒体は変わると思います。
2
回答No.6395-071348
電子書籍否定派でしたがkindle使い始めたらすっかり有になりました。通信環境があればいつでも色んな本を探せるという利便性が好きです。書店では見かけないマイナー本や古い本を開拓したりしてます。
ただ手元に物として残らないし、いつ企業の都合で無くなるとも限らない、やはりお気に入りは手に取って残したいので紙の書籍派です。
紙の本も大量の積読があるのに、電子書籍でも積読が増えてきたのが悩みですが…
2
回答No.6395-071317
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年10月27日
紙媒体の本の方が読みやすいし、何度も繰り返し読み返しがしやすくて、個人的には好きです。
しかし、koboも併用をしています。紙媒体が好きなのに電子書籍を使う理由は、ズバリ、持ち運びとバックライトの2点が優秀だからです。旅行先へたくさん本を持っていきたいときに便利です。
使い方次第では電子書籍もありかなと考えます。
2
回答No.6395-071222
電子書籍を何年も愛用しています。持ち運びの便利さに加えて経済的だということが愛用の主な理由です。

海外在住なのですが、英語の本だと紙媒体より電子書籍のほうが安いし、送料もかからず、すぐに入手できるという利点が大きいです。また家族で同じ本を同時に読んだりできるのも気に入っています。

日本語の電子書籍の場合は紙媒体と値段が違わないのが残念ですが、送料無料ですぐに入手できるという利点は有難いです。
2
回答No.6395-071180
コメント 2件
私の友人も海外在住で、本を手に入れるのが大変だと言っていました。
そういう場合、送料のいらない電子書籍はかなり助かりますよね!
また、転勤の多い方にもスペースをとらない電子書籍は重宝しそうですね。
suzuさん suzuさん 2014/11/07
海外からのコメントありがとうございます
まず、洋書は紙媒体よりも電子書籍の方が安い
というのに驚きました。
送料無料というのも、遠方の方からすると大きいということも新たな発見です!!!
貴重なお話をありがとうございました!!!!!!!!
私はやはり紙の本のほうが好きです。電子書籍だとページ数が書かれているだけで、厚みを実感できないのがさみしいです。勉強の参考資料など、分厚い本を読み切った時の達成感大好きです。現在でもリュックは文献でパンパン、肩こりもします。ですが、この重みが私の知識量になると考えるとなんだか重いのも良いものだと思います。
ところで、電子書籍だとカバー裏にあとがきを書く作家さんなどはどうしているのでしょうか。
2
回答No.6395-071148
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/11/07
コメントありがとうございます
厚みを実感するのは大事ですよね。
こんなに読んだ!!っていう達成感は本当に至福です。
「重いのも良いもの」という台詞、とても共感でした。
書籍には積むという快楽もあります(言い訳)。

新しい本が手に入ったら、新たに一から書棚を並べ直すのも一興。そして、綺麗に並んだ背表紙を眺めるのもなおよし。
本屋さんで一期一会を楽しみ、興味のなかったジャンルをジャケット買いするのもありですよね。
「嵩張る単行本を電車で読めるか!」という意見もあるでしょうし、私は電子書籍は好みませんが「若者の本離れ」などという事がなければどちらでもよいと思います。
2
回答No.6395-071140
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/11/07
コメントありがとうございます
「積むという楽しみ」、ものすごくわかります!!!!
気分転換に自室の本棚の本を並べ替えるのも好きですし
本を買う際は、ほぼジャケ買いです(笑)
若者の本離れがなくなるのは、本好きの願いですね。
賛成か反対か>中立。双方に利点欠点があるから両方の需要が増えるのが理想。/現物書籍に感じる欠点>やはり嵩張る。住空間や財政に限界があるから物欲の制御と管理維持が大変。あと移動(引越)。/電子書籍に感じる欠点>作品によって期限が過ぎると読めなくなる。充電ができなくなると読めなくなる。「読む」感が得づらい。/個人の好み>現物派。本の重みと紙の質感、紙を捲る感覚と、触覚が脳を刺激する感じが良いので。
2
回答No.6395-071137
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/10/27
コメントありがとうございます
とても明確かつ端的な回答ありがとうございます!!
「本の重みと紙の質感、紙を捲る感覚、触覚が脳を刺激する感じ」、たまりませんね。
双方の利点を生かして、「本を読む」という需要が増えてほしいなと私も思います。
私は賛成です。

田舎に住んでいる身としては電子書籍はあったほうが良いです。
品揃えの良い本屋さんに訪れる為に往復で1時間半かかりますから。

インターネット環境があれば、購入したらすぐに読める。
この電子書籍の利便性は地方の田舎に住んでいる人には有難いです。
1
回答No.6395-072231
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年11月08日
読みたいけど永久保存でなくてもいい、じっくり前後を読み返してみたいなどその書籍に対する思い入れで違っていいのではないかと思います。

読みたい物を全て書籍で購入してそのままずーっと手元に置いておくのかと言えばそうとも言い切れませんし、手放して後で読み返したくなって再購入も馬鹿くさいし。

そうなりそうな書籍は電子書籍で購入するようにしてます。
1
回答No.6395-071446
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年11月07日
ネットが浸透し始めた頃、すぐに新聞がなくなると騒いでいる人はいましたが、販売部数の変化はともかくまだあります。新聞社が減ったとしても、ネットでカバーできない新聞の長所があるうちは、用途に応じて選ばれていくだろうし、電子書籍と本も同様のように思います。

新聞や本の最大の長所は実体があることで、それが故に場所をとり捨てる手間がかかるという短所があり、どちらが負担に感じるかによって、判断してます。

1
回答No.6395-071439
全55件中 21 - 30件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする