ブクログ談話室

電子書籍に賛成?反対?

    未回答
  • 回答数 55件
  • 雑談
皆さんは電子書籍に賛成ですか?反対ですか?

「kindle」や「i-books」などで話題の電子書籍ですが
本は本で読むべきだ、という意見や
一生分の本棚が持ち歩ける利便性には叶わない
などなど様々な意見があると思います。

私自身は大学生という立場上、
通学中は利便性を重視し、スマホのアプリを利用して
本を読むということが多々あります。
しかし、本は本で読みたいという意見にも
強く共感するものがあります。

いくらページをめくる感覚が再現されたとしても
やはり紙をめくる感覚、質感、インクの匂いは
タブレットには出せないと思うのです。

長くなりましたが、皆さんの電子書籍への感じ方、
賛成か反対か、本の今後はどうなるのかという予測、
お聞かせいただければ幸いです。

本を愛する皆さんからの生の声を
お待ちしてます
質問No.6395
みんなの回答・返信

 辞典(辞書)・(百科)事典の類についても同様の意見。電子書籍の場合、索引検索機能があれば必要な情報をさっと見つけることができる。
 だが現物書籍は検索・索引ではできない「新発見」という快楽がある。適当にパラパラと眺めていたら、今まで知らなかった事実が偶々目につく。「へー」と驚く、または感動する。この快楽、電子書籍では味わえない(と思う)。
0
回答No.6395-071138
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/11/07
コメントありがとうございます
納得です。新たな発見をとるか、利便性を取るか。
状況による、としか言えませんね(笑)
賛成か反対か>中立。双方に利点欠点があるから両方の需要が増えるのが理想。/現物書籍に感じる欠点>やはり嵩張る。住空間や財政に限界があるから物欲の制御と管理維持が大変。あと移動(引越)。/電子書籍に感じる欠点>作品によって期限が過ぎると読めなくなる。充電ができなくなると読めなくなる。「読む」感が得づらい。/個人の好み>現物派。本の重みと紙の質感、紙を捲る感覚と、触覚が脳を刺激する感じが良いので。
2
回答No.6395-071137
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/10/27
コメントありがとうございます
とても明確かつ端的な回答ありがとうございます!!
「本の重みと紙の質感、紙を捲る感覚、触覚が脳を刺激する感じ」、たまりませんね。
双方の利点を生かして、「本を読む」という需要が増えてほしいなと私も思います。
こんにちは。電子書籍愛用者です。電子書籍の発展は大賛成です。もちろん従来の紙の本のほうが絶対的に好きです。背反的ではなく両方あるのが望ましいし、選べるというのはとてもありがたい。著作の電子化に難色を示す作家もいますが、その意向は尊重すべきです。私が嫌いなのは、紙の本をズタズタにして自炊する行為です。
1
回答No.6395-071129
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/10/27
コメントありがとうございます
やはり本が好きな方は「電子書籍の発展に大賛成」だけど
「従来の紙の本のほうが好き」という考え方が
多いようですね(笑)
「著作の電子化に難色を示す作家さん」という発想は
私にはなかったので、とても驚きました。
紙の本をズタズタにして自炊・・・許せませんね。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年10月24日
普通に小説を読む場合は、個人的には普通の本が好きです。読んだ達成感のようなものがその厚みで感じられるというか。私の場合、ページをめくる動作は「本を読んでる」と実感できることなので。
でも辞書はもう電子辞書しか使ってませんね。重いもの持ち歩きたくないですしね。
先に回答された名無しさんと被りますが、必要に応じて、好みに合わせて利用者が選べるのが
ベストなのかな、と思います。


1
回答No.6395-071128
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/10/27
コメントありがとうございます
「ページをめくる=本を読むという行為」
という考え方は私も全く同じです!!!!
辞書は電子書籍というか、電子辞書を使用しています。
索引という方法よりも検索の早いし便利ですよね(笑)
その場その場のニーズに合わせて、というのが
最重要項目なのだと思います。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2014年10月24日
同じ内容を別の媒体で楽しむ感覚で、両方発展していくべきでないかなぁと思います
一つの市場を二つで奪い合うようでは、末は共倒れな気がしますし。利用者がニーズに合わせて媒体を選べるような仕組みが大切じゃないかなぁ
自分はまだ電子書籍未経験ですが、そのうちお世話になるかも
4
回答No.6395-071127
コメント 1件
suzuさん suzuさん 2014/10/27
コメントありがとうございます
「一つの市場を二つで奪い合うようでは、末は共倒れ」
という考え方に強く共感します!!
同じ「本を読む」という行為に対するものなので
利用者がニーズに合わせて使い分けることが重要なのだと私自身考えさせられました。
全55件中 51 - 55件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする