対義語のテストが出てくる児童書

児童書で、文庫で読んだ本です。
あまりはっきりしたことを覚えていませんが、心当たりがあればお願いします。

主人公は多分男の子でした。
魔女みたいな女の人がいました。
学校で対義語のテストがあり、「大きい⇔小さい」みたいなのが答えなのですが、その女の人は「大きい⇔大きくない」みたいに答えます。
先生が追いかけてきて、女の人が「上がるの反対は下がるなんだろ!」みたいなことをいって階段の下にいた先生が下に落ちる、みたいなシーンがありました。

シリーズがありそうな題名だった気がします。
表紙絵は、線がはっきりしていない、カラフルなものだったと思います。

よろしくお願いします!
  • 投稿日時 : 2015-01-19 16:47:27
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする