日本文学全集について語りませんか?

 河出書房から『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』の刊行がすでになされ、今後も多くの現代人気作家による新訳版も出る予定です。
 そこで、まさに本好きな皆様の「この本が読みたい」、「この作品が入っていて欲しかった」などと色々な声が聞こえれば楽しいなと思い投稿してみました。それこそ、勝手につくる『日本文学全集』のような投稿になれば楽しいですね。
 私自身は、古事記がしっかり入っているのが嬉しく、森見登美彦氏の竹取物語が大いに気になります。 
  • 投稿日時 : 2015-02-26 19:52:50
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.6618-073499
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-03-04 18:00:28
0
先月出た『樋口一葉/夏目漱石/森鴎外』は川上未映子の新訳が読みたくて買ったのですが、このままいっそ全部買ってしまおうかとても迷っています…ただ中上健次とかはあえて買わなくても原典を当たれば良いかなあなどと思ってしまい、なかなか踏ん切りがつきません。後は単純に、置く場所の問題ですね(笑
全部買うつもりだ!って人、どのくらいいるんでしょう
  • blue21birdさん blue21bird さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-03-04 19:25:50
全集は買うのにはぐっと踏み込む覚悟がいりますよね。すっと買えちゃう人がどの位いるのか確かに気になります。 私自身、早い段階で全部を揃える気はなく読みたい訳本を図書館でという心づもりでおりますし。やはり置き場所が・・・(笑)。
 コレクター精神(装丁などや参考資料などの独自性)か、子供など誰かに残してあげたいという気持ちがないとなかなか全巻セット買いは・・・。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-03-13 18:24:07
結局、全部買うことになりそうです(笑
  • blue21birdさん blue21bird さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-03-13 19:19:23
 おお、思いきられましたね!いえ、全集なのだから全部買うべきだ、などと言われてしまいそうなのですが(笑)。
 訳本についていろいろな意見もあるようですが、個人的にはまずは気軽に触れ合える本としてしっかりと役割を果たせる面白い内容になっていると思いますし、今後も期待しているところです。
0
近世以前の韻文が冷遇されていて残念です。古今和歌集は日本文学ひいては日本人の四季観の基だと思うのですが…。
あと個人的には、南のおもろさうしが入るなら北のユーカラも入れてほしかったですね。

森見さんの竹取物語、私も気になってます。万城目さんでも面白かったかも?
  • blue21birdさん blue21bird さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-02-28 16:17:26
 池澤氏は「そもそも和歌とは何か?初学者のための手立てを考えた」と。某百人一首漫画の影響なども考慮して(?)、より身近に感じられる百人一首を選択したということなのでしょうか。
 ユーカラは確かに入れてほしかったですね。アイヌ語自体が消えゆく現状で、難解すぎると思われたのかもしれないですが、だからこそ読み繋いでほしいですね。
  • iyomanteさん iyomante さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-03-04 00:06:59
なるほど、そんな意図があったのですね。百人一首なら八代集が一気に見渡せ、古典和歌の流れが掴めるということでしょうか。それなら万葉集(折口訳ですが)が入っていて古今集がないのも分かります。

30巻はまだ「他」とあるので、ユーカラが入ることを期待してしまいます!しかし、おもろもユーカラも誰が訳すのでしょうか……。
全2件中 1 - 2件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする