あだち充作品のベスト・ワンを教えてください。

最新作『MIX』が連載中のあだち充ですが、たくさんの、本当にたくさんの名作マンガを世に送り続けている稀有なマンガ家だと思います。

そんなあだち充作品の中で、あなたのベスト・ワンを教えてください。理由も教えていただけると、とてもうれしいです。

http://booklog.jp/author/%E3%81%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E5%85%85
  • 投稿日時 : 2015-04-30 15:20:17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.6703-074404
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-05-02 08:38:48
1
アニメでタッチ、マンガで日当たり良好、みゆきしか読んでないのでなんですが、独特のコメディセンスがありますよね。

私は最近、アオイホノオにおけるあだち充への愛情溢れるツッコミ(?)が面白くて何か読もうと思ってこちらをみたところ、見事に票が割れてるのがまた面白いです。
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-07 10:28:29
確かに独特な感じですね。
特に、語呂合わせなどの言葉遊びみたいやりとりはどの作品でもありますね。作者が落語好きだからかもしれませんね。

『アオイホノオ』にあだち充のくだりがあるんですね。読んでみます!
1

部活でソフトボールをやっていたので。
マイナースポーツであるソフト部エースを主人公に据えて、しかも彼女はあだち充ヒロイン(モテる)なんです。とても嬉しかったんですよ(笑)。
世代的に、いちばん読まれていたのは「H2」だと思うけれども。
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-07 10:22:16
『スローステップ』いいですよね。
少女マンガ雑誌に連載されていたものなので、主人公が女の子ですが、あまりソフトボールは描かれず、ボクシングシーンが多かった気がします。笑
キャッチャーになる不良っぽい女の子(名前を失念…)がよかったです。
1
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-07 10:18:46
『じんべい』!
たしか父と娘の物語の物語でしたよね。
ずいぶん前に読んだきりなので、読み返してみようと思います!
2
もうずっと、スポーツをやってる主人公の漫画を描かれてる印象がありますが……ごく平凡な少年(青年)が主人公で、日常風景のなかで展開する等身大の恋愛ドラマが大好きです。

最終回には、ただただ静かな感動がまっています。
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-01 10:27:51
いいですよね。僕も好きな作品です。
最新作の『MIX』では、『みゆき』のエッセンスもミックスされていて、ファンにはたまらないです。
  • 回答No.6703-074369
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-04-30 21:12:37
1

ラフが1番好き!!
主人公の2人が他の作品よりも感情がしっかり出ていてドキドキしながら読みました。
大和がカッコよかった。
小学生の頃古本屋で頑張って集めてたな〜^ ^
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-01 10:29:42
僕も『ラフ』が一番好きです。
サブキャラたちのエピソードもいいし、ダメな感じだった大和のお父さんが最後にかっこよく見えるところとか、余韻の残る終わり方もで好きです。
1
タッチしかしらない。

アメトークで顔が似てるというか、同じ
というの見てほかの作品も読みたくなりました。
  • meganekidsさん meganekids さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-05-01 10:31:42
アメトークの「あだち充芸人」おもしろかったですね。
顔が似てるとは思ってましたけど、並べてみると全然わからなかったですw
最新作の『MIX』は『タッチ』から数十年後の話しで、同じ登場人物やタッチで活躍したキャラの息子なんかもでてくるので、おすすめですよ!
全6件中 1 - 6件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする