ブクログ談話室

【講談社公式『IN★POCKET』ブクログ編集室】あなたの企画を実現!「作家と〇〇」公開企画結果発表!

    未回答
  • 回答数 50件
  • 雑談
============================
ついに結果発表!! (2015年8月17日更新)
============================

こんにちは、講談社文庫「IN★POCKET」編集部です。

このたびは「作家と○○」企画にたくさんのご応募をいただき、
誠にありがとうございました!
思いのこもったアイディアの数々を拝見でき、
大変うれしく、刺激になりました!


さて、厳正な企画会議の結果、12月号の特集テーマは

booooklynさんの「作家と文房具」
greenflashさん、lacuoさんの「作家と雑貨」

に決定いたしました!
12月号では「雑貨」+「文房具」をテーマに、
作家の皆さんにエッセイをご寄稿いただきます!


「で、どんな感じになるの?」とお思いの方、
今月8月号の「IN★POCKET」大特集では、「はじめてのミステリ。」と題して、
42名の作家の方に、「はじめてのミステリ体験」エッセイをご寄稿いただいています。
とっても楽しく、読みたい本がどんどん増える特集になっております。
ぜひお手に取ってご覧ください。


8月号の別ページでは企画会議の様子もご覧いただけます。
残念ながら今回実現できなかった企画のなかには
「実は先々に特集しようと思って準備してます!」というものや
「これは別の形でぜひやりたい!」と編集部員が唸ったものもあります。
読者の皆さんが「読みたい!」と思うものを形にしていければと思います。
今後とも「IN★POCKET」をどうぞよろしくお願いいたします!


以下過去企画応募要項
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講談社『IN★POCKET』とブクログのコラボ企画第二弾!

ブクログユーザーの皆さんの企画を実現します!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IN★POCKET「作家と〇〇」公開企画会議!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼『IN★POCKET』とは
講談社文庫が発行している月刊の文庫情報誌です。毎月の新刊の特集や、小説、エッセイの連載のほか、各社文庫の刊行予定など、文庫ライフにお役立ちの情報がぎっしりで、定価はなんと200円(税込)です。

▼「作家と〇〇」とは?
『IN★POCKET』2013年1月号「作家とラーメン」でスタートした「作家と〇〇」企画!
毎回ひとつのテーマを決めて、作家の皆さんにエッセイをに寄稿いただいています!

これまで

「作家と通販」
「作家と野球」
「作家とアイドル」
「作家と文学賞」

と様々な「作家と○○」を実施してきました!


▼ブクログユーザーの皆さんの「○○」企画を募集します!
今回はテーマ「○○」をブクログユーザ-皆さんから募集します!

あなたの「読みたい!」が企画になるチャンスです!
お気軽に投稿ください。
編集室からも逐次回答させていただきます!


▼募集要項
1.○○に入るテーマ
※条件は「単語ひとつ」であること。超具体的でも、超趣味でも大丈夫です!
例:「作家とピーマン」「作家と日本列島」etc.

2. エッセイを書いてもらいたい作家の名前
※講談社文庫に著書がない作家でもOKです。
※尽力しますが、かならず実現できるとは限りません!なにとぞご理解を!

▼景品
1のテーマ「○○」が採用された方の中から抽選で5名様に図書カードをプレゼントします!

募集期間:6月5日(金)~30日(火) 終日まで

採用された企画は誌面で実現させていただきます!
※『IN★POCKET』2015年12月号掲載予定

IN★POCKET 2015年 8月号

講談社 / 講談社 / 2015年8月12日

質問No.6736
みんなの回答・返信

1.作家と両親
作家さんの両親がどんな方で、両親のどんな部分に影響を受けたか、どのように育てられてここまでの作家さんに成長したか知りたいと思いました。(本がいつから好きになったかとか両親は本が好きだったかとかも)

2.有川浩さん(図書館危機で、人気俳優が実は両親に捨てられた子だという話があったので有川さんは両親に関してどう考えているのか気になったので。
1
回答No.6736-074955
コメント 1件
book1026さん、ご提案ありがとうございました! たしかに小さい頃に読む本は親の影響、とても大きいですよね。知らなかったエピソードが読めそうな企画だと思います。
1. 作家と雑貨
勝手なイメージですが、表現を生業とされている方は、身の周りに置いておきたいもの、あると許せないもの…ご自身の生活空間をご自身の心地よさを最優先に整えるために、そこに置くモノにこだわられているのではないかと思うのです。特に、そばにあることが許せないモノについての世界観が知りたいです。
2. 坂木司さん 梨木香歩さん 原田マハさん 森博嗣さん
2
回答No.6736-074954
コメント 2件
greenflashさん、ご提案ありがとうございました。
作家と雑貨、「好き」によりがちなテーマをあえて「許せない」というのは面白いと感じました。なにより語呂もいいですね!
lacuoさん lacuoさん 2015/06/22
作家と雑貨
おもしろそー。
きっと作家には、雑貨に対するもんのすごいこだわりをもった人たちがいて、自慢の雑貨を紹介したり、どこでそれをゲットしたか、雑貨屋さん情報も教えてくれたりしたら、そういう記事はきっとおもしろくなる。
1.作家と珈琲
私自身珈琲好きなのですが、作家さんが日々どんな珈琲を飲んでいるか気になるのと、それにまつわるエピソードなんかが聞けたら嬉しいと思いました!
むしろ珈琲は苦手だ!というお話で、あえて、紅茶党を数人ぶっこんでみるのも面白そう。
珈琲と一口に言っても、書く場所によって喫茶店や自宅などでも色々変わってきて楽しそうです。


2.又吉直樹さん、皆川博子さん、森博嗣さん、原田マハさん
3
回答No.6736-074949
コメント 1件
彼女[si:] さん、ご提案ありがとうございました。
コーヒーが執筆のかたわらに……というのは作家像のひとつと思いますが、どこで何を飲まれるのか、がわかれば、作家や作品をより身近に感じられそうですね!
「作家と挫折」
「作家とターニングポイント」

挫折から這い上がったエピソードや
何かの変わり目のようなお話をお聞きしたいです。
2
回答No.6736-074947
コメント 1件
ayaniimiさん、ご提案ありがとうございました!
作家のみなさんは、「作家になる」という大きなターニングポイントをお持ちですが、それ以上のものもあったり……? 気になるところです!
既に件の雑誌で使われたテーマかもしれませんが

「作家と冷蔵庫の中」
「作家と占い」
「作家と午前1時28分」

生活や行動がチラ見できるといいなあ、と。

どの作家さんでも構いませんが
やはりいろんな世代の方がいいです。
この人にコレは無いでしょ、という組み合わせを期待。
1
回答No.6736-074946
コメント 1件
ina96さん、ご提案ありがとうございます。
「冷蔵庫」は生活の一端がうかがえそうですし、「午前1時28分」は起きているか寝ているかで、全く違う内容が読めそうですね!
作家と三叉路
森見登美彦さん
1
回答No.6736-074945
コメント 1件
椿さん、ご提案ありがとうございます。
三叉路! 身近にありそうでなさそうな、どちらに進む?という悩みもある場所ですね。不思議な特集になりそうです!
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2015年06月07日
作家と休日

休日の過ごし方、思い出など
3
回答No.6736-074940
コメント 1件
名無しさん、ありがとうございました! 休日、たしかに気になりますね。夏休みのような長期休みもはいれば、より豊かな企画になりそうです!
書いてもらいたい作家さんは具体的に挙げられないので、ネタだけで。また、既出あったらすみません。

「作家と漢字」この字は必ずひらく!実は最近使うようになった。手書きでは書けない(笑)など
「作家とフォント」明朝でなければ、ゴシック至上、いやいやメイリオ、内緒だけど創英角ポップ……いないか
「作家と恐怖症」蛇、クモ、火、高所、人間などなど。締め切りと編集者をオチに使うの禁止縛りで。
0
回答No.6736-074939
コメント 2件
「作家(ペンネーム)と自分(本名)」同じなのか分けているのか。影響したり侵食されたり。
「作家とその弟子」仮想弟子に今、いちばん伝えたいこととは。
「作家と『作家業』」宇宙人にあなたの仕事を説明してください。
「作家と読まれ方」以前この談話室でも、またツイッターでも、文章の読み方(脳内音読、映像変換、逐語的/語ブロック的把握)などが話題になりましたが、テキスト書きとして想定・意識する範囲とは?
urfassungさん、たくさんありがとうございました! どれも気になるところですね……個人的には「漢字」は作品にもおおきく影響する部分ですし、知りたいなあと思います!
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2015年06月07日
作家と装丁

ご自身の著作のブックデザインに関するこだわり。
自身が1番好きな本の装丁の紹介など。

伊坂幸太郎さん、辻村深月さんなど。
2
回答No.6736-074938
コメント 1件
名無しさん、ご提案ありがとうございました。たしかに気になります、編集部としては自分が関わらせていただいた本だといいなあと思いますが……!
1 作家と場所 
落ち着かない場所、落ち着く場所…両方についての短いエッセイを読んでみたい。どんなところを選ぶのか。ストレートに現実にある場所が書かれるのか、抽象的に物語風になるのか、興味がある。

2 梨木香歩、上橋菜穂子、小川洋子、角田光代、池澤夏樹、中村弦、恒川光太郎、吉田篤弘、川上未映子、湯本香樹実、木内昇、穂村弘、カズオ・イシグロ、みうらじゅん、筒井康隆(敬称略)
3
回答No.6736-074936
コメント 1件
風花さん、ご提案ありがとうございました! 大きなテーマだと、いろいろなお答えが返ってきそうで楽しいですね。執筆候補もたくさんのご提案ありがとうございました。
全50件中 21 - 30件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする