図書館で新刊が借りられなくなったら?

  • 質問No.7008
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談
図書館で新刊を借りる派の方へ。
図書館で新刊が借りられなくなったらどうすると思いますか?

1)1年待って図書館で借りる
2)1年も待てないので買う
3)面倒くさくなって借りも買いもしない

一部の出版社や著者が一定期間、新刊の貸出停止を希望しているとニュースでやってました。論拠データの説得力がいまいちなようですが、何だか「主張した者勝ち」な感じでそのうち新刊(特にエンタメ系)に制限がかかる流れになるような気もします。

読みたい本気度にもよると思うのですが、そうなった時に皆さんはどうされるのかなと思って質問させてもらいました。

ちなみに私は小遣い少ない・あまり何度も読まない・収納狭い・管理下手なので、1)と3)半々くらいで、代わりに旧作(?)借りの割合を増やすだけになるかも、と言った感じです。売上貢献できなくてごめん!

  • 投稿日時 : 2015-11-16 15:37:56
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7008-077317
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-25 16:49:16
3一択です。
そもそも買いたい本は必ず買いますし、図書館で借りるのは既に作品の多い作者さんの作品を新規開拓したい時か、図書館棚を適当に見て目についたものを借りたりが多いので。
個人的に図書館に新刊を一定期間置かなくなっても書店の売り上げは上がらないと思います。
だって図書館の数ここ5年そこまで変わってませんが、本屋の売り上げは軒並み右肩下がりです。
古本屋、ネットショップのがよほど問題かと。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-27 15:59:32
回答ありがとうございます。
古本屋・ネットショップ対策の方が仰る通り効果が大きいと思うのですが、「お願い」の効く相手ではないし、打つ手がないのかな~と。そう言えば村上春樹の「職業としての小説家」は紀伊国屋が9割買占めしてたけど、その後出た別のエッセイについては何も言ってない所を見ると取組みは空振りだったのでしょうか…。
3か2ですね

どうしても必要な(仕事に係わる)本は待つより自分で買います。
基本は、3)ですけどね。

名無しさんが感じられている“流れ”について、とても興味があります。
たぶん私が感じている“流れ”と同じだと思います。もしよければ、そんな“流れ”を感じさせた、本を一つ教えてください。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-27 15:17:06
回答ありがとうございます。
すみません特にご紹介できる本はなくて、ソースは新聞やネットの記事だったりします。あと著作権や知財保護の強化・保護政策を見たり。こちらこそ不勉強なのでいい本を教えて頂ければ幸いです。
  • 回答No.7008-077155
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-19 21:37:38
私はきっと1か3ですね。
読みたい本なら1年でも2年でも待ちますが、そこまで読みたい!って気持ちが続くかは疑問です。
きっと他の本に目移りして忘れてしまいふと目にしたときに借りるんじゃないかな、と。元々古い本の中からおもしろい本を発掘するのも好きなのであまり気にしないと思います。
もしそういうことになっても収納や金銭的な面から購入するなら文庫か中古です。売り上げという面では貢献できそうにないです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-27 15:02:28
回答ありがとうございます。
私と似た感じの方がいて嬉しいです。
皆さんにお答えいただいてるのを見てると、待ち切れなくて買うっていう選択があまり多くない(そもそも欲しい本は買った上での図書館利用)のでやっぱり出版社の売上改善策としては焼け石に水?という気もします。
私は読めればいいので、1ですね。
読みたい本は常に大量にあるので、それを読んでいるうちに1年はあっという間に過ぎちゃうので。
昔から図書館と出版業界って痛しかゆしの存在ですよね。
公立図書館は貸出が無料って法律で決まってますけど、私営図書館であればお金とってもいいので、先に如月さんもお答えになってますけど、そういう形態の図書館が増えて、住み分けをするっていうのも手ですよね。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-27 14:41:28
回答ありがとうございます。
読みたい本、読めてない本を読んでいると確かに私も1年があっという間です。
私営図書館という選択肢が増えることで、住み分けで皆がストレスなく本を手にできるようになればいいですね。
わたしは、既に買うと決めている超大好きな作家さんは買っているので、1です。
予算的にさすがにもう、きついので。

ただ懸念としては。
一年間、貸し出しに回せない本を図書館が保持するのか?というのがあります。
広い閉架書庫がある館はいいでしょうけど、だいたいは置く場所に困りそうです。
開架で閲覧のみ、ってのも管理が大変そうですし。
  • こーがさん こーが さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-19 21:26:17
といって、一年後に注文するとなると、必要な本が無事に届くのか(絶版品切れにならないか)という心配が。

利用者の購入希望リクエストを図書館がいつから受けるのか(自分が使ってるとこでは今は発売日から)ってのも気になります。
もし一年後だったら、それまで、その本の事をおぼえていられるかしら(汗)
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-26 17:03:16
回答ありがとうございます。
本当導入された際の実務面でも疑問の所たくさんありますね。在庫管理の点からはリクエストも1年後から受付の方がいいんだろうけど、自分で一覧作っておかないとおそらく忘れそう。そして入荷されてもそこからまた更に長蛇の予約待ち。あー大変だどうなるんでしょう(汗)
  • 回答No.7008-077148
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-19 18:14:59
私は3になるような気がします。
よく利用する図書館では今も人気作はすごく待ちますけど、諦めることはあっても「待ちきれないから買おう」となったことは一度もないですね。
そもそも待ちきれないほどの本は最初から買ってます。

逆に、図書館で借りて読んだら素晴らしくて手元に置きたくなりその後購入した本は結構あるので、新刊1年間貸し出し禁止の措置が本の売上アップに繋がるのかな?とは思っています。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-26 16:52:33
回答ありがとうございます。
図書館で読んで、思った時にぱっと何度も読みたいから買っちゃうか!となる本ってありますね。

新刊貸出禁止って長期的には読者との新しい出会いのチャンスを棒に振ってる所もなきにしもあらず。それとも禁止措置は既に読者のついてるベストセラーメインにするから遅れてきた読者は切捨てでも問題ないつもりなのでしょうか…。


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-26 18:02:39
コメントありがとうございます。回答した名無しです。
お返事読んで思いついたのですが、図書館利用者には多少メリットもありますね。

よく利用する図書館では人気作は10冊くらい複本を購入しているのですが、1年待てば2や3の人がふるい落とされるので複本がなくて済む。浮いた予算で他の本10冊買えるとか。

出版社の思惑とは違うでしょうが、私としては損はしないような気がします。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-27 15:35:34
質問者の名無しです。
蔵書の偏りは問題にされることも多いようなので、仰る通り2)と3)の人が抜けて、その分幅広い本が所蔵されることになれば利用者にとってもメリットになりますね。

不便を不便と捉えず前向きに考えるコメントありがとうございました!

  • 回答No.7008-077144
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-19 13:33:13
図書館で借りよう程度の興味しかない新刊なら私は1年待てるので(1)でしょうか。

余談ですが、たとえば映画に置き換えて考えてみると、映画館での公開から、ソフト化=レンタル可能までには時間差がありますよね。そういう意味では新刊発売から図書館での貸し出しまでに一定期間を設けるという発想はそれほど理不尽でも、質問者さんのおっしゃるような「主張した者勝ち」でもない気がします。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-26 16:34:03
回答ありがとうございます。
「主張した者勝ち」という表現が不快でしたらすみません。貸し出し制限そのものが理不尽だというのではなく、因果関係のデータが弱そう(それとも私が無知なだけでどこかに試算のデータが公開されてるのか)なのに、「出版側が困ってるから」の情で押す感じが個人的にいただけないな~と思って。言葉足らずでした。
  • 回答No.7008-077132
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-18 15:53:31
質問の対象者がものすごくニッチなように思えますが、それはさておき、私がその立場なら、図書館に入荷するまでまつか、待っているあいだに別のものに興味が移るか、それでも欲しいのなら古本屋を探しはじめると思う。
図書館派なら本気度は全体的に低いはず。買って騙されたり、冒頭だけくすぐる本にだまされたりとかいうリスクを犯すはずがない。試読できても好きなページをパラパラ読みが出来ないネット購入はないでしょう。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-25 16:43:36
回答ありがとうございます。
確かにネットは便利だけど、ピンポイントで試読できないのがネック…欲しい本は中身に納得できる古本屋がいいですよね。(でも一度古本屋行くとついで買いが増えちゃうんですが)
1です。我が区でも人気新刊は既に1年待たされているので。

作家も出版社も収入が入らないのは困りますから、制限はかけた方がいいと思っていますよ。六本木に会費制で新刊が読み放題の図書館システムがありますが、そういったリッチな民間施設が増えてくるのかもしれませんね。

ただ、既に書籍を読むという文化が廃れている中で、1番の顧客である公共団体からの購入を拒んで更に利益が出せるのか?については懐疑的です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-20 13:55:53
回答ありがとうございます。
ベストセラーは忘れたようなころにならないと回ってこないですよね。続きものだと復習必須。
今後ニーズに合わせて民間図書館が増えたら、うまく使い分けていくのが賢いかもしれないですね!
  • 回答No.7008-077118
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-11-17 22:06:04
賛成です。経済的に、保管のスペース的に余裕がないので1年待ちます。
どうしても我慢できなかったら買います。
今でも話題の作品や人気の作品は結局予約待ちで1年とかよくあるので待てないことはないと思っています。

そもそも出版不況の現在、まずは売り上げに繋げることが大切だと思います。
図書館で借りるから買わない=売れない
売れないから刷らないということになると本末転倒だと思うからです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-11-19 15:10:13
回答ありがとうございます。
売れないから刷らない、というのが結果として全体を細らせるというのもよく分かるのですが。せめて作り手側には安易なパイの取り合いだけじゃなく、並行して未知の層から読者を引っ張って来る試みも(やってはいるんだろうけど)もっと行ってほしいと思います。
全11件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする